仮想通貨の基本知識!知っておきたいワードなど

仮想通貨の基本知識!基礎知識!知っておきたいワードなど 仮想通貨の始め方(登録方法・口座開設)



スポンサーリンク

ダップス
まいど、bigおーきにです。
知的体育会系アート脳の変化人(@satoimocoin)です!

仮想通貨の基本知識!知っておきたいワードなど

この記事を読めば仮想通貨やビットコインの初心者から中級者に!少しは友達にも説明できそう!そんな記事を意識して書いてみました。仮想通貨の基本知識や知っておきたいワードなど、仮想通貨を始めたばかりの方の参考記事です。仮想通貨取引所での売買の流れ、ブロックチェーン、ICO、ビットコインとアルトコインなど、仮想通貨/暗号通貨の基本知識から知っておきたいワードの解説です。

 

詳しく説明するとキリがないですので、、

「要点をつかむ!」そんな感じの端的にさくっと解説です。

やさしく、ざっくり、丁寧に説明してみます。<゜)))彡

 

仮想通貨の基本

【仮想通貨とは】

仮想通貨とは、インターネット上で発行されている通貨のことです。

硬貨やお札は存在しません。「暗号」になっています。

日本以外では、「Crypto Currency(クリプト・カレンシー)」という言葉で使用されており、そのまま訳すと「暗号通貨」となります。

ですので、厳密には「暗号通貨」の方が正しい呼び方だ!という話もありますが、日本では既に「仮想通貨」の方が馴染んでいます。

 

超端的に!

  • 仮想通貨=インターネット上で発行されている暗号の通貨
  • 仮想通貨=暗号通貨(呼び方が違うだけ)
  • 電子マネーとは根本的に違う!(次に解説します!)

 

電子マネーとの違い(超ざっくり)

電子マネーとは違います。

仮想通貨は「通貨」ですが、電子マネーは通貨ではありません。

電子マネーは現金をデジタル化した「財布」のようなものです。

(ここでは簡単にまとめのみ!)

特徴 電子マネー 仮想通貨
通貨 通貨ではない 通貨である
管理者の有無 管理者あり 管理者なし
個人間送金 個人間送金は不可 個人間送金が可能
使用範囲 国内のみ使用が可能 世界中で使用が可能
価格 価格は変動しない 価格は変動する

電子マネーは「円」をデジタル管理しているだけ、仮想通貨は「通貨」って感じです。

 

なぜ通貨として成り立つのか。誰が発行しているのか。

インターネット上で発行されている仮想の通貨が、なぜ通貨として成り立っているのか、それは「信用がある・信用できる」からです。

例えば、日本円の1万円札も、そのモノの価値は約24円です。

ですが、1万札に1万円分の価値があるのは(お店で物と交換できるのは)、発行している日本銀行を皆が信用しているから、ということになります。

偽札が作れない技術、発行枚数の管理など、日本銀行を信用しているから、通貨として成り立ちます。

 

仮想通貨は信用できる技術によって成り立っています。

 

このすごい技術が、ブロックチェーン(Blockchain)です。

次に続きます▼

 

ブロックチェーン

【ブロックチェーンとは】

100年に一度と言われる革命技術(信用技術)

仮想通貨にはブロックチェーンという技術が使われており、ブロックチェーンの技術が信用の裏付けとなっています。

簡単に言うと、ブロックチェーンはインターネット上の「記録台帳」です。

ブロックチェーン技術で管理されている記録は「不正や改ざんが出来ません」

 

例えば▼

「Aさんは1ビットコイン持っている」と暗号で記録されていれば、持っている事になります。

「AさんがBさんに1ビットコインを送金しました。」と暗号で記録されれば、Bさんが持っている事になります。

 

取引した記録がブロックチェーン上に記録されていく仕組みです。

そして、一回記録されると改ざんは出来ず、不正に記録したりすることも出来ません。

 

何故?そもそも誰が記録しているの?となると思いますが、ここでは省略します。<゜)))彡

とにかく、ブロックチェーン上に記録した内容は絶対です。(超例外を除いて、、と一応書いておきます)

 

「ビットコインをいくら持っているか」「ビットコインをいくら使ったか」といった情報は、暗号化された電子データとしてインターネット上に記録されていく、という感じです。

 

仮想通貨はブロックチェーンによって成り立っていると言えます。

ブロックチェーンの技術は、「今後いろいろな産業の形を変える」と言われるほど、画期的な技術で、さなざまな産業や分野で今後活用が期待されています。

 

超端的に!

  • 仮想通貨はブロックチェーンの技術力によって信用されている。
  • ブロックチェーンに記録された取引内容は不正や改ざんが不可能。
  • ブロックチェーンは革命的で画期的な暗号技術。(100年に1度の技術とも)
  • ブロックチェーンの技術は仮想通貨以外にも活用される!

 

ブロックチェーンとは(解説2)

さまざまな「記録」をすることが出来るインターネット上の台帳です。

例えば、百貨店で里芋をクレジットカードで買ったとします。

クレジットカード会社は「里芋を購入した記録」があるので、購入者から銀行引き落としが成立します。

その後、百貨店にクレジット会社から支払われます。

百貨店にも「クレジットカードで里芋を売った記録」があるので、クレジットカード会社から支払いが成立します。

 

ブロックチェーンも、このお金(決済)の流れを記録することが出来ます。

この記録が「不正・改ざんが出来ない」なので、ブロックチェーンは革命的で画期的な技術となります。

 

【国も認めた!】

最初はインターネット上で発行されている暗号が通貨な訳がない!(信用できるか!)という感じだったのですが、色々なお店でも使えるようになり、ついに国(政府)も価値(信用)を「認めました」。

「財産的価値」という言葉があるのですが、ビットコインの「財産的価値」が法律でも認められました。

日本では2017年4月に「改正資金決済法」が施行され、法的なルールのもと、円など各国の通貨と売買取引ができるよう認められました。正式な通貨ではありませんが、財産的価値が認められています。

 

仮想通貨は日本で使える?換金できる?

仮想通貨は日本国内のお店でお金として使えます。

ビットコインで買えることを「ビットコイン決済」と呼ばれています。

2017年には、ビックカメラやHISなどの国内大手企業でも、ビットコインによる決済方式を採用しています。

ビットコインを、円やドルなどいわゆる「お金」=法定通貨に交換することも可能です。

 

超端的に!

  • ビットコインの財産的価値が法律でも認められた。
  • 仮想通貨は換金できる(円やドルと交換できる)
  • 国内でもビックカメラやHISなど、実際にお金として使える

 

【仮想通貨の種類】

仮想通貨の種類は1,000種類以上あります。

一番有名な仮想通貨がビットコインです。

ビットコイン(Bitcoin)は、インターネット上で発行された世界で一番最初の仮想通貨です。

通貨の単位は「BTC」と表記され、「1ビットコイン=1BTC」となります。

ビットコイン以外に、イーサリアム、ネム、リップル、モナコインなど色々ありますが、ビットコイン以外の仮想通貨をまとめて「アルトコイン(オルトコインとも)」と呼ぶことが出来ます。

ちなみに、モナコイン(モナーコインとも)は日本で開発された日本国産の仮想通貨です。

 

超端的に!

  • ビットコインは世界で一番最初の仮想通貨
  • ビットコイン以外の通貨を総称して「アルトコイン」と呼ぶことが出来る
  • 仮想通貨の種類は1,000種類以上もある。
  • モナコインは日本発の国産仮想通貨

 

仮想通貨で出来ること

  • 投資してリターンが狙える
  • 買い物が出来る
  • 低コストで海外送金も出来る(個人間も)

 

仮想通貨の取引所

【仮想通貨の取引所】

仮想通貨の取引所は、仮想通貨の売買が出来る所です。

 

取引所によって扱っている通貨は異なりますので、その取引所が扱っている通貨でないと売買は出来ません。

里芋が売っていないスーパーでは、ほしくても里芋が買えない事と似ています。

 

買いたい通貨を扱っている取引所で売買します。

取引所では買うことを「購入」、売ることを「売却」と言います。

取引所が新しく通貨の取り扱いを始めることを「上場」と言います。

 

超端的に!

  • 取引所=仮想通貨が売買できる所(購入・売却)
  • 取引所によって、扱っている通貨が異なる。
  • 取り扱いを始めることを「上場」という。

 

取引所では、取引の仕方が「2種類」ある。

取引所には「取引所方式」と「販売所方式」があります。

 

まず、「販売所」方式は、取引所と通貨の売買をすることです。

つまり販売所で通貨を買うのは、取引所の持っている通貨を買うことになります。

 

次に、「取引所」方式は、取引所内で、ユーザー同士で売買をします。

取引所は売買できる場所を貸しているだけで、「売りたいAさん」と「買いたいBさん」が取引所を通して(使って)、取引することになります。

 

例えば▼

取引所の説明で、スーパーに里芋が売っていないと買えない、と表現しましたが、

スーパーから買うのが、「販売所方式」

そして、スーパーに里芋を売りたい人がいれば、その人から買うのが「取引所方式」

取引所は「お客さん同士」(ユーザー間)で売買する。

こんなイメージになります。

 

販売所は、取引所が手数料を乗せて売っているので、手数料分だけ高くなります。

販売所より取引所の方が安く買えます。

 

販売所と取引所の違い【もっと詳しく】▼

【仮想通貨取引所】取引所方式と販売所方式の違い【ざっくり解説】

2018.03.21

 

超端的に!

  • 「販売所」方式=取引所と売買取引をすること
  • 「取引所」方式=取引所を使って、ユーザー同士で売買取引をすること
  • 販売所方式より取引所方式の方がお得

 

プチ注意情報▼

基本的に販売所も取引所も「仮想通貨取引所」って名前が付いているので、混同しないようにしましょう!

仮想通貨取引所の中に、「販売所」と「取引所」がある、ということです。

 

「登録業者」と「みなし業者」

国内の仮想通貨取引所には、金融庁から認可を受けている「登録業者」と「みなし業者」があります。

金融庁から「仮想通貨交換業者」として認可を受けている登録業者数は「16社」(2018年3月時点)

みなし業者も「15社程あります。」(増えたり減ったりするので、おおよそです。)

 

「登録業者だから安全」とか、「登録業者が扱っている通貨だから価格が上がる?」なんて事はありません。

ですが、金融庁から色々な指導を受け、認可されていますので、「登録業者」と「みなし業者」を比べると、断然、登録業者の方が安全で安心な取引所だとは言えます。

 

仮想通貨の売買取引はなるべく登録業者で行い、自分で出来るセキュリティも最大限行うことで、資産をアクシデントから守りましょう!

 

仮想通貨っていくらで買えるの?

500円程あれば購入が出来ます。

例えば、ビットフライヤーは0.001BTC(0.001ビットコイン)から購入が可能です。

1BTC(1ビットコイン)が100万円の場合、「1,000円=0.001BTC」で取引できます。

1MONA(1モナコイン)が300円であれば、「300円=1MONA」で取引できます。

 

初めて操作する画面は少し不安になりますが、「最初は最小単位で試してみて」から、始めてみることをおすすめします。

 

国内のおすすめ取引所

【おすすめの国内取引所】

「厳選4社」です。

※全て金融庁から認可を受けています。

Zaif(ザイフ) ←初心者向け

bitFlyer(ビットフライヤー) ←初心者向け

bitbank(ビットバンク) ←少し慣れたら

DMM Bitcoin ←初心者向け

※どの取引所も口座開設・維持手数料は無料
※スマートフォンから簡単に登録できます。

 

合わせて一緒に読まれている記事▼

仮想通貨取引所の特徴まとめ【厳選した7つの取引所】

あの通貨、どこで買うのが一番お得?【少しでも安く買って、高く売ろう!】

取引所ごとの取扱い通貨まとめ【あ、このコインも買えるんだ?】

 

口座開設・取引所の登録はスマホで問題ない?

スマートフォンから簡単に登録ができ、取引も可能です。

口座開設には、顔写真付きの身分証明書が必要になりますが、スマホで写メを撮って添付するだけです。

全てネット上で完結しますので、手書きの書類は印鑑は不要です。

口座開設の時や口座の維持は無料でお金はかかりません。

 

口座開設から取引までの流れ

  1. 仮想通貨取引所の口座を開設する
  2. 取引所に日本円を入金する
  3. 好きな仮想通貨を買う(日本円→仮想通貨)

 

一番最初の取引所には日本円を入金する必要がありますが、例えば、A取引所からB取引所にビットコインを送ってB取引所ではビットコインから取引所を始めることもできます。

 

取引ができる通貨ペアも様々です!

  • 日本円→仮想通貨
  • 仮想通貨A→仮想通貨B
  • 仮想通貨→日本円

※仮想通貨→仮想通貨は交換出来るペアと出来ないペアがあります。

 

最小額はいくらで取引出来る?

取引所にもよりますが、0.001ビットコインや0.0001ビットコインから購入出来る取引所が多いです。

1ビットコインが100万円なら、0.001ビットコインは1,000円、0.0001ビットコインは100円となります。

500円前後でビットコインやその他の仮想通貨の購入が可能です。

 

超端的に!

  • 取引所には「登録業者」と「みなし業者」がある(金融庁が審査・決めている)
  • 取引所によって売買出来る通貨の種類が違う
  • 仮想通貨⇔仮想通貨の売買も出来るペアがある
  • 口座開設や維持手数料は無料
  • 500円ほどで取引が可能

 

【おすすめの国内取引所】「厳選4社」です。

Zaif(ザイフ) ←初心者向け

bitFlyer(ビットフライヤー) ←初心者向け

bitbank(ビットバンク) ←少し慣れたら

DMM Bitcoin ←初心者向け

 

よく聞く?!用語集・仮想通貨ワード

仮想通貨に関する用語▼(ざっくり解説は下にあります)

聞いたことありませんか?

マイニング(採掘)

ハードフォーク

アルトコイン

Satoshi Nakamoto(ナカモト サトシ)

非中央集権

ICO(アイシーオー)

トークン(Token)

 

仮想通貨スラング▼(ざっくり解説は下にあります)

聞いたことありませんか?

ガチホ・ホールド

億り人(おくりびと)

GOX(ごっくす)

イナゴ

 

取引所や取引に関する用語▼(ざっくり解説は下にあります)

聞いたことありませんか?

ウォレット

二段階認証

トランザクション・トランザクションID

板・板取引

 

【よく聞く?!用語集・仮想通貨ワード】はこちらから

 

順次追記します!

 

ダップス
いつも閲覧ありがとうございます^^
お疲れやまでした(山)

@satoimocoinも気軽にフォロー下さい!^^
・あなたの人生に化学反応を!
・変化する面白さを伝えたい(変化人)
・仮想通貨(Fintech& Technology)
・副業/複業で稼ぐ(会社バレしない方法)
・知的体育会系アート脳って何?
・マインド(行動するから興奮する)
>詳しくはTwitterプロフ

仮想通貨ブログに挑戦してみませんか?

【仮想通貨ブログが急増している理由とは】

ブログ開始3ヶ月で書いたレポート▼
仮想通貨ブログは儲かる?稼げる?開始3ヶ月間のリアルな収入公開中!

ブログ開始4ヶ月で書いたレポート▼
仮想通貨アフィリエイトのやり方・稼ぐ方法!2018年

え?ここも提携できるの?アフィ加速▼
アフィ提携できる取引所とASP業者

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク

取引所は開設しておくことをお勧めしています!

取引所の公式サイトは名前をクリックして下さい▼

おすすめ取引所ランキング
【1】Zaif(ザイフ) ←おすすめ
手数料がマイナス%で取引するともらえます。Zaifでしか購入できない通貨も多数あり。

【2】bitFlyer(ビットフライヤー) ←おすすめ
【LISKが購入できます】国内最大の取引所で、セキュリティ評価も世界でTOPクラスです。

【3】bitbank(ビットバンク) ←人気急上昇中
リップルが一番安く買える国内の取引所。シンプルで使いやすく、セキュリティ体制も徹底。

【4】BINANCE(バイナンス) ←海外取引所なら
初めての海外取引所におすすめ。100種類以上の通貨が売買できます。

【5】DMM Bitcoin ←初心者向け
取引所の利用が初めての人でも見やすいと定評のある取引所。24時間体制でLINEサポート。

【★】QUOINEX(コインエクスチェンジ) ←再注目!
板取引が充実している再注目の国内取引所。登録しておく価値ありです。

★詳しい特徴と登録方法はこちらから!(7つの取引所をまとめて解説♪)

スマホで仮想通貨投資に挑戦中。
これからもドシドシ仮想通貨の情報配信します!
(もしよろしければ↓からシェアお願いします^^)