【仮想通貨ICO】Firop(フィロップ)の評判と将来性!上場時期は?

【仮想通貨ICO】Firop(フィロップ)の評判と将来性!上場時期は? ICO案件情報



スポンサーリンク

ダップス
まいど、bigおーきにです。
知的体育会系アート脳の変化人(@satoimocoin)です!

仮想通貨のICO案件Firop(フィロップ)の評判と将来性について解説しています。上場時期など投資に値するICOなのか判断したいと思います。Firop(フィロップ)は、水の危機や造水技術の抱える課題の解決に貢献する、造水技術の研究機関に特化したマーケットプレイスを構築することを目指したプロジェクトになります。購入方法など買い方や登録方法からエアドロップの獲得の仕方まで説明します。

 

Firop(フィロップ)とは、基本概要

Firop(フィロップ)とは、「水の危機」や「造水技術の抱える課題」の解決に貢献する、「造水技術の研究機関に特化したマーケットプレイス」を構築することを目指したプロジェクトになります。

マーケットプレイスとは、生産者と消費者が物の売買をすることができる場のことで、Amazonやヤフオクなどが代表例になります。

Firop(フィロップ)のマーケットプレイスは、中央管理者がいないDEX(分散型取引所)の概念を取り入れており、分散型のマーケットプレイスになっています。

「次の世紀の石油」と例えられる「ある分野」に先行投資ができる注目のトークンです。

通貨単位はFDPで、仮想通貨のFDPトークンを販売して資金調達するICOプロジェクトとなります。

 

公式サイトはこちらから▼

エアドロップ獲得はこちらから【無料トークン受け取り】

Firop(フィロップ)公式サイト



 

Firop(フィロップ)のエアドロップ

【トークン無料配布案件です。】

Firop(フィロップ)はエアドロップ案件です。

AirDropとは登録するだけでトークンが無料でもらえるインセンティブです。

2018年12月に上場予定のトークンが、
今なら登録するだけで無料でもらえる!

5FDP(2.5USD相当)を今すぐ獲得するには、

受け取りはこちら▼

Firopのエアドロップはこちらから【トークン無料獲得】



 

Firop(フィロップ)のFDPトークンとは

FDPは、造水分野の平均値として機能する通貨です。

既存の金融市場に例えるとすれば、世界の代表的指数である(Dow Jones Industrial Average=DJIA)と言えます。

DJIAはニューヨーク証券取引所に上場する30社の平均値であり、世界の金融市場に影響を与える重要な指標として位置づけられています。

FDPは将来的に人類にとって欠かすことのできない造水分野の中心的指標となり、その指標は世界の経済活動を左右する重要な指標となります。

FDP TOKEN(FDPトークンとは)

The FDP that we issue functions as the average value of the freshwater generation field. If you were to talk in terms of existing financial markets, we would be talking about the Dow Jones Industrial Average (hereafter “DJIA”). The DJIA is the average value of the 30 companies listed on the New York Stock Exchange, and is an index so important that it affects the world’s financial markets. FDP will be the central index for the desalination field that will be so indispensable to humans in the future, and will become an index so important that it affects economic activity the world over.

引用-Firop(フィロップ)公式サイト

 

FDPトークンの販売スケジュール

FDPトークンの販売スケジュールは全部で第四期まであります。

 

第一期販売セール期間▼

2018年6月1日~6月15日

トークンボーナス付与:200%

 

第二期販売セール期間▼

2018年6月15日~6月30日

トークンボーナス付与:150%

 

第三期販売セール期間▼

2018年7月1日~7月31日

トークンボーナス付与:50%

 

第四期販売セール期間▼

2018年8月1日~8月31日

トークンボーナス付与:20%

 

またソフトキャップは、500万USドルです。

ハードキャップは3,500万USドルに設定されておりますので、ICO期間中であっても、3,500万USドルの資金が集まった場合は、販売終了(ICO終了)となります。

 

FDPトークンの上場時期

2018年12月に上場予定となっています。

上場する取引所名はまだ伏せられていますが、FDPトークンは上場するとのことです。

詳細は随時追記します。

 

Firop(フィロップ)の評判・口コミ

「次の世紀の石油」と例えられる貴重な資源であり競争が激しくなる「ある分野」に先行投資できるICOとして注目されています。

ツイッターでも公式サイトが拡散されています。

評判は随時追加していきます。

Firop(フィロップ)の概要・内容まとめ

「次の世紀の石油」と例えられる貴重な資源であり競争が激しくなる「ある分野」に先行投資できるICOをご存知でしょうか?

「ある分野」とは、水のことです。

日本では蛇口をひねれば簡単に水を得られる環境ですから、水が貴重であったり世界的に危機的状況という深刻さを実感しづらいかもしれませんが、世界には深刻な水不足に苦しむ人々がいます。

日本の水資源を海外の外資系企業が狙い、水源地の買収をしているニュースを耳にしたこともあると思いますが、世界的には「水」はとても価値があり貴重なのです。

そんな将来的に貴重な資源となることが間違いないと予想され、価値が高まる「水」の分野は、世界を見渡せば、日々素晴らしい造水技術を研究している人々が沢山います。

しかし、原油もそうですが「水」や「電気」などの生活インフラに関わるものは、非常に利権の壁が厚く一般投資家との接点は皆無です。

それは研究資金の滞りを意味し、研究者らにとっては死活問題です。

そこでFiropでは、研究機関と投資家を広くつなぎ合わせ、資金の循環を生み出し、多様な技術を開発する環境の構築に繋げます。

そのようなアプローチで社会認知を広げ、利権の壁を壊します。

「Firop(フィロップ)」というプロジェクトです。

Firopとは、造水技術限定でのICOプラットフォームと取引所を備えた革新的総合マーケットプレイスです。

簡単に説明をすると、

  • 造水技術研究機関Aが、A-FDPトークンを発行してICOで資金調達を実施
  • DEXの概念を採用した取引所でトークンの取引が24時間365日可能になる

という、ICOと取引所を両立させた証券取引市場を実現します。

また、FiropではFDPというトークンを発行しますが、FDPはFiropの取引所の平均価格が反映されます。

つまり、

  • 造水技術研究機関Aが発行したA-FDP
  • 造水技術研究機関Bが発行したB-FDP
  • 造水技術研究機関Cが発行したC-FDP

と、それぞれの造水技術研究機関が実施したICOのトークンの価値と造水技術研究機関の数が増えれば増えるほど、
Firopのマーケットプレイス全体の価値が上がり、平均値が上がるために、FDPトークンの価値が上がっていく面白さがあります。

FDPトークンの価値については、ナスダック市場を例に補足します。

1971年2月に新興企業の成長を目的としたマーケットとしてナスダック市場が誕生しました。

ナスダック市場に上場する企業の平均値であるナスダック指数は、Firopの取引所に上場する造水研究機関の平均値であるFDPと置き換えられます。

そのナスダック指数は、100USDで始まりました。

誕生後には以下のような世界を代表する企業が上場しています。

1971年「インテル」

1980年「アップル」

1986年「マイクロソフト」

また、近年では以下のような次世代をリードする企業も上場しています。

2010年「テスラモーターズ」

2012年「フェイスブック」

このようにナスダック市場の誕生により、世界を変革させた多くの企業が上場により資金調達をし、人類の生活を一変させました。

現在は約3000社余りが上場し、先の企業は上場以来2018年4月現在以下のような株価の上昇をしています。

1971年 「インテル」0.03USD→51USD

1980年 「アップル」0.6 USD→165USD

1986年 「マイクロソフト」0.1USD→95USD

2010年 「テスラモーターズ」23USD→90USD

2012年 「フェイスブック」29.6USD→166USD

その裏で、ナスダック市場に上場する企業の平均値であり「100 USD」で始まったナスダック指数は、現在「7200 USD」余りまで上昇しています。

ナスダック市場は、次世代を担う新興企業向けの取引所として新しい投資分野を開拓すると共に、現代の中心的企業を数多く誕生させる目的を果たしています。

今後も次世代を担う多くの代表的企業を生み出し続けると考えられます。

Firopにおきましても「造水」という新たな投資分野を開拓し、将来的には人類の生活に無くてはならない造水研究機関を無数に生み出していく。

そして、各造水研究機関のトークン価値およびFiropの取引所に上場する造水研究機関の平均値であるFDPの価値は大きく高まり、将来的に多大な投資リターンを生むことになります。

このようにナスダック指数が上昇したように、FDPトークンも成長していくよう設計されています。

 

ホワイトペーパーと公式サイトはこちらから▼

ホワイトペーパー(WHITE PAPER)

 

Firop(フィロップ)の将来性

将来的に貴重な資源となることが間違いないと予想され、価値が高まる「造水」の分野に先行投資し、Firop全体の価値を持つことになる「FDPトークン」を、早く獲得しておくことが、大きなリターンになります。

今からナスダック創設前の株を購入することはできませんが、新たな市場創設前に参加するチャンスを手にすることはできます。

 

FDPの購入方法・登録方法

FDPの購入方法は簡単です。

  1. 公式サイト右側にある「Firop AirDrop Begins」の下の、【Receive your AirDrop】をクリックします。
  2. メールアドレスと入力して新規登録をクリックします。
  3. マイページの仮登録が完了します。(下記画面が表示されます▼)

仮登録が完了しました。

※まだユーザー本登録を終えていませんのでご注意ください。

ご入力頂いたメールアドレス宛てに本登録用の承認メールを送信しました。
メール内に記載されたURLにアクセスして、IDを有効にしてください。

10分ほどお待ち頂いても下記のメールが届かない場合は、こちら(contact@firop-exchange.com)までお問い合わせ下さい。

—————————————-
件名:
マイページの仮登録が完了しました。
—————————————-

また、迷惑メール防止機能により弊社からのメールが迷惑メールと間違えられてしまい、迷惑メールフォルダやゴミ箱に自動的に振り分けられている可能性がありますので、一度ご確認いただきますようお願い致します。

※特にフリーメールアドレスやキャリアメールでは初期設定で迷惑メール防止機能がついてる場合もありますのでご注意ください。

また、各フリーメールサービス・キャリアメールの受信メールの振り分け(フィルター)設定を変更していただくことで迷惑メールフォルダへの振り分けを防ぐことができます。

 

自動返信メールが登録アドレスに届きますので、24時間以内にクリックし、本登録を有効にします。

この度は Firop にご登録いただき、誠にありがとうございます。

Firopマイページへ仮登録が完了しましたので、ご連絡させていただきます。

サイトをご利用いただく際には、下記URLにアクセスし、パスワード をご入力の上、ログインして本登録を完了させて下さい。

Firop(有効期限は24時間のみ)

なお、上記のURLは24時間のみ有効となっておりますので、お早めにアクセスをお願いします。

本会員登録の画面が表示されますので、

姓名、生年月日、パスワードを設定して、「登録」をクリックします。

Firopマイページへの本登録が完了するとメールで連絡がきます。

 

公式サイトはこちらから▼

エアドロップ獲得はこちらから【無料トークン受け取り】

Firop(フィロップ)公式サイト



 

【最後に】Firop(フィロップ)について

これまで何百倍などのトークンもありましたが、それはICOトークンの価値がまだ世に知れ渡っていなかったので、元値が相当安かったからです。

普通に考えて上場して3倍になれば、資産3倍ですからね、、。

少し資産が拘束される期間はありますが、普通の投資案件からしたら数ヶ月で3倍なんてあり得ません。

現時点では何十倍や何百倍になるなんてことは思っていませんが、ボーナス付与もあるため何倍にでもなれば相当おいしい案件です。

 

公式サイトはこちらから▼

エアドロップ獲得はこちらから【無料トークン受け取り】

Firop(フィロップ)公式サイト

 

ダップス
いつも閲覧ありがとうございます^^
お疲れやまでした(山)

@satoimocoinも気軽にフォロー下さい!^^
・あなたの人生に化学反応を!
・変化する面白さを伝えたい(変化人)
・仮想通貨(Fintech& Technology)
・副業/複業で稼ぐ(会社バレしない方法)
・知的体育会系アート脳って何?
・マインド(行動するから興奮する)
>詳しくはTwitterプロフ

仮想通貨ブログに挑戦してみませんか?

【仮想通貨ブログが急増している理由とは】

ブログ開始3ヶ月で書いたレポート▼
仮想通貨ブログは儲かる?稼げる?開始3ヶ月間のリアルな収入公開中!

ブログ開始4ヶ月で書いたレポート▼
仮想通貨アフィリエイトのやり方・稼ぐ方法!2018年

え?ここも提携できるの?アフィ加速▼
アフィ提携できる取引所とASP業者

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク

取引所は開設しておくことをお勧めしています!

取引所の公式サイトは名前をクリックして下さい▼

おすすめ取引所ランキング
【1】Zaif(ザイフ) ←おすすめ
手数料がマイナス%で取引するともらえます。Zaifでしか購入できない通貨も多数あり。

【2】bitFlyer(ビットフライヤー) ←おすすめ
【LISKが購入できます】国内最大の取引所で、セキュリティ評価も世界でTOPクラスです。

【3】bitbank(ビットバンク) ←人気急上昇中
リップルが一番安く買える国内の取引所。シンプルで使いやすく、セキュリティ体制も徹底。

【4】BINANCE(バイナンス) ←海外取引所なら
初めての海外取引所におすすめ。100種類以上の通貨が売買できます。

【5】DMM Bitcoin ←初心者向け
取引所の利用が初めての人でも見やすいと定評のある取引所。24時間体制でLINEサポート。

【★】QUOINEX(コインエクスチェンジ) ←再注目!
板取引が充実している再注目の国内取引所。登録しておく価値ありです。

★詳しい特徴と登録方法はこちらから!(7つの取引所をまとめて解説♪)

スマホで仮想通貨投資に挑戦中。
これからもドシドシ仮想通貨の情報配信します!
(もしよろしければ↓からシェアお願いします^^)