カタパルトで起こる革命とは?ネム(XEM)の今後や将来性について!

ネム(NEM)を安く買うおすすめ取引所は?購入方法 仮想通貨(ビットコイン)



スポンサーリンク

ダップス
まいど、bigおーきにです。
知的体育会系アート脳の変化人(@satoimocoin)です!

カタパルトで起こる革命とは?ネム(XEM)の今後や将来性について!

 

ネム(NEM)のカタパルトとは?

仮想通貨の一つでもあるネム(NEM)の将来性や最新のニュースです。

ゼム(XEM)を購入できる取引所やネムのチャート、ネムとCOMSA(コムサ)の関係にカタパルトの詳細まで分かりやすく記載しています。

 

ネム(NEM)とは

ネム(NEM)はビットコインなどの仮想通貨の一つで、時価総額ランキング第6位の人気のアルトコインです。

(現在:2017年9月です)

ネムはNEW ECONOMY MOVEMENTの頭文字を取って、NEM(ネム)と呼んでいましたが、現在ではネムが固有名詞となっています。

 

通貨単位はXEM(ゼム)

発行されている仮想通貨の単位は「XEM」(ゼム)です。

「ネム・NEM・ゼム・XEM」は全て同じことになります。

 

ネムの総発行量

ネムは2015年3月31日に公開され総発行量は「8,999,999,999XEM」でロックされており、始めは1,600人の投資家に均等にネムが分けられたのが始まりとされています。

ネムの特徴として、新しく新規発行がないということと、ビットコインのようなマイニングがありません。

マイニングの代わりにハーベスティング(収穫)というものを採用しています。

 

ネム(NEM)のマイニング

ネムはビットコインで採用されているマイニングのように一部のマイナーが富を独占できないようにPoI「Proof-of-importance」というシステムが採用されています。

POIとは、ネムを実際に使用した量や、取引をした人も考慮に入れて報酬が与えられるという考え方です。

ネムを持っている量や取引した回数などからランクが決まり、そのランクに応じてネムの報酬が発生します。

この報酬をハーベスティング(収穫)と呼びます。

 

簡単に言ってしまうと、ネムの取引を多くした人は、誰でも平等に報酬が与えられるということです。

POIの主な目的は、「世間一般の人」に力を与えることとされています。

これはお金持ちから貧しい貧困層にお金が回ってくるシステムがネムには組み込まれているとも言えます。

そのことから「富の再分配」とも呼ばれています。

 

富の再分配、将来性

現在は、世界中で携帯電話やスマートフォンが普及しています。

発展途上国のアフリカ諸国等でも銀行口座は持っていないが、携帯電話は持っているという人々がたくさんいます。

そういった、一般の人々でもネムをたくさん使用することで富の再配分の効果を得ることが出来ます。

世界中の人口の比率から考えるとお金を持っている富裕層より、お金があまりない貧困層の方が圧倒的に多いのが現状です。

そんな「貧困層や一般層」にもネムは平等に使えると分かれば、必然的にネムは爆発的に使われると考えられます。

 

mijin(ミジン)【プライベートブロックチェーン】

mijin(ミジン)とは、テックビューロ社が運営する日本の仮想通貨取引所Zaifが開発するプライベートブロックチェーンです。

mijin(ミジン)はZaifとネムの開発者が共同で開発を行なっています。

mijin(ミジン)はネムのシステムを利用していることもあり、ネムのシステムはmijin(ミジン)で使うことができ、mijin(ミジン)のシステムもネムで使うことができるとても繋がりのある連携型のプロジェクトといった形です。

 

mijin紹介の公式動画

 

mijin(ミジン)はブロックチェーン技術を誰もが簡単に使えるように構築しているものです。

プライベートP2Pネットワーク、Permissioned Blockchain、ゼロダウンタイムなど、難しい言葉がいろいろ出てきます、、

mijin(ミジン)は簡単に言ってしまうと、「速く、安全で、安い」という三拍子が揃った画期的なプラットフォームということになります。

 

COMSA(コムサ)にもmijin(ミジン)

日本のICOでもあるCOMSA(コムサ)にもmijinが使用されています。

ICOを行おうと考えている企業は独自の新しい仮想通貨を発行しなくてはいけません。

ただ、一般の企業がその新しい仮想通貨を作るとなると大変な作業です。

それを代わりに代行してくれるのがmijin(ミジン)です。

 

COMSA(コムサ)は事前登録をしたユーザーが10月2日から購入することが可能です。

COMSAの購入にはビットコイン・イーサリアム・ネム・ザイフトークンのいずれかの暗号通貨が必要になりますので必然的にネムの価値も上がるものと考えられます。

 

カタパルトとは?

カタパルトはNEM(ネム)の中に実装されるアップデートもしくはプロジェクトのことを指します。

カタパルトは、まずはmijin(ミジン)に実装され、次いでネムに実装予定となっています。

カタパルトは、カタパルト実装によりネムの処理速度を格段にアップすることができます。

 

処理速度のアップ

カタパルト実装によってネムは1秒に4000件の処理が可能になるとされています。

処理速度が非常に速いとされているリップルが1秒に1000件なので、その約4倍もの速さを手に入れることができます。

ビットコインは1秒に3件から5件、イーサリアムは1秒に15件とされているので、ビットコインやイーサリアムとでは比べものにならないほどの処理速度になります。

 

そもそも処理スピードと言われても仮想通貨を使ったこともないので、リップルと比べられても分からない…と思われる方が多いと思いますのでクレジットカードと比べてみると、、。

世界最速といわれているVISAカードの処理スピードが1秒で4000から6000件といわれています。

カタパルトが実装されれば、そのクレジットカードと並ぶことになります。

クレジットカードの処理が遅くてストレスを感じた人はなかなかいないと思いますので、世の中にカタパルトを実装したネムが浸透しても何のストレスも感じることなく使えるということになります。

 

ネム(XEM)の将来性について

ネムの一番の魅力はPoI「Proof of Importance」プルーフ・オブ・インポータンスにあると考えています。

 

ネムのPoI(ビットコインのようなマイニングはない)

ネムにはマイニングがなく、PoIという「ユーザーの重要度」を重視して報酬が支払われる仕組みを取っています。

ある一定量のネムの保有は必要にはなりますが、ネムを使えば使うほど報酬が貰えるハーベスティングを採用することによって「富の再分配」を可能にしています。

ビットコインのマイニングにはスペックの高いコンピューターが必要になりますが、ネムにはそんなもの必要ではありません。

誰もがネムを使うことによって平等に報酬が分け与えられるということは、非常に魅力的な仮想通貨だと言われています。

またmijin(ミジン)やCOMSA(コムサ)との連携に加え、カタパルトの実装によって、処理速度が大きく向上することで様々な可能性が秘めていることも分かりました。

このままネムの悪いニュースがなく、mijin(ミジン)にCOMSA(コムサ)の連携、そしてカタパルトを実装するとネムの価値はますます高まるのではないでしょうか、、

 

ネム(XEM)を取り扱っている取引所

現在ネムを取り扱っている日本の取引所

Zaif(ザイフ)

coincheck(コインチェック)

NEMだけを取引をするのであれば、取引手数料が安く指値ができるZaif(ザイフ)がおすすめです。

またその他の仮想通貨も取引したい方はcoincheck(コインチェック)でもいいと思います。

 

取引所の比較

取引所で最も重要なセキュリティはどちらも2段階認証を設定できるので、問題ありません。

手数料は、ネムだけを見るとZaif(ザイフ)が指値0%で成行0.1%となります。

コインチェックは、その時の相場で手数料が変わりますが、2%から5%ほど手数料がかかりますので、ネムだけを購入するならZaif(ザイフ)が優れています。

 

※コインチェックはネムの板はありませんので、指値と成行がありません。

販売所でコインチェックが保有しているネムを買い取る形になります。

 

coincheck(コインチェック)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

Zaif(ザイフ)

 

 

関連記事

仮想通貨ネム(NEM)に関する記事一覧(特徴・開発スケジュール)

ICO案件情報(おすすめICO・大型ICO・クローズドICO)

 

 

閲覧ありがとうございました^^

ダップス
いつも閲覧ありがとうございます^^
お疲れやまでした(山)

@satoimocoinも気軽にフォロー下さい!^^
・あなたの人生に化学反応を!
・変化する面白さを伝えたい(変化人)
・仮想通貨(Fintech& Technology)
・副業/複業で稼ぐ(会社バレしない方法)
・知的体育会系アート脳って何?
・マインド(行動するから興奮する)
>詳しくはTwitterプロフ

仮想通貨ブログに挑戦してみませんか?

【仮想通貨ブログが急増している理由とは】

ブログ開始3ヶ月で書いたレポート▼
仮想通貨ブログは儲かる?稼げる?開始3ヶ月間のリアルな収入公開中!

ブログ開始4ヶ月で書いたレポート▼
仮想通貨アフィリエイトのやり方・稼ぐ方法!2018年

え?ここも提携できるの?アフィ加速▼
アフィ提携できる取引所とASP業者

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク

取引所は開設しておくことをお勧めしています!

取引所の公式サイトは名前をクリックして下さい▼

おすすめ取引所ランキング
【1】Zaif(ザイフ) ←おすすめ
手数料がマイナス%で取引するともらえます。Zaifでしか購入できない通貨も多数あり。

【2】bitFlyer(ビットフライヤー) ←おすすめ
【LISKが購入できます】国内最大の取引所で、セキュリティ評価も世界でTOPクラスです。

【3】bitbank(ビットバンク) ←人気急上昇中
リップルが一番安く買える国内の取引所。シンプルで使いやすく、セキュリティ体制も徹底。

【4】BINANCE(バイナンス) ←海外取引所なら
初めての海外取引所におすすめ。100種類以上の通貨が売買できます。

【5】DMM Bitcoin ←初心者向け
取引所の利用が初めての人でも見やすいと定評のある取引所。24時間体制でLINEサポート。

【★】QUOINEX(コインエクスチェンジ) ←再注目!
板取引が充実している再注目の国内取引所。登録しておく価値ありです。

★詳しい特徴と登録方法はこちらから!(7つの取引所をまとめて解説♪)

スマホで仮想通貨投資に挑戦中。
これからもドシドシ仮想通貨の情報配信します!
(もしよろしければ↓からシェアお願いします^^)