ビットコインキャッシュとは?仮想通貨BitcoinCashの将来性



スポンサーリンク

ダップス
まいど、bigおーきにです。
知的体育会系アート脳の変化人(@satoimocoin)です!

ビットコインキャッシュとは?仮想通貨BitcoinCashの将来性

 

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)は、2017年8月1日にビットコイン(Bitcoin)からハードフォークして誕生した通貨になります。ビットコイン(Bitcoin)の普及に伴い、送金遅延(取引承認スピードの低下)や手数料の増加を解消するために分裂してできたアルトコインとして扱われる新しい仮想通貨(暗号通貨)です。

当時、保有しているビットコインと同量のビットコインキャッシュ(BitcoinCash)が付与されました。

SegWit2xやUASFとは全くの別物となりますので、新たなビットコインというよりは新しいアルトコインが誕生したということになります。中国の新興マイニングプールのViaBTCを中心としたBitcoinABCによって行われました。

マイニングプールとは、組織的にマイニングを行う集団や仕組みのことで、マイニングには膨大な電力を必要とするため、ほとんどが電気料金の安い中国に集中しています。

 

ビットコインの抱えるスケーラビリティ問題(容量の不足)を解決することを目的とした、ビットコインのアップデートにより新しく誕生した通貨です。

通貨コードはBCHやBCCと表記されており、ビットコインが抱える送金遅延や高騰する手数料の問題などを解決できる通貨として注目されています。

 

スケーラビリティ問題とは?

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)と誕生の経緯を理解するために、ビットコインの仕組みについて簡単に解説します。物理的な通貨を持たないビットコインは、取引のデータをブロックに格納し、ブロックのデータがマイナーによって承認されることで取引が成立しています。このブロックの大きさは1MBと決まっており、ブロックは10分ごとに生成されるようになっています。

ですが、急速にビットコインの取引データが増加しているため、ブロックの生成が間に合わず、取引が承認されない(遅延問題)、また手数料が高騰するというスケーラビリティ問題が発生しています。

(ビットコイン取引の増加により送金の承認作業に遅延が発生し、送金詰まりが起こっています)

 

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)には、Segwit(セグウィット)の実装はありません。

Segwit(セグウィット)とはSegregated Witnessの略で、ビットコインの課題の一つであったスケーラビリティ(処理速度)の問題を改善するため、導入を検討されたソフトのことです。

Segwit(セグウィット)は、ビットコインのマイニングを有利に行うために欠かせない「ASICBoost」に対応していないため、中国を拠点に活動するマイニングプールは反対していました。

そのため、ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)は、Segwit(セグウィット)実装に反対した人々によって作られ、マイニングを行う側の人にとって都合の良い「ビットコイン」とも言われています。



BIP91とsegwit2x

スケーラビリティ問題を解決するために、コインのアップデートである提案書、「BIP91」が提示されました。

(管理者がいないビットコインはBIPという提案書によって方向性が決定され、BIPの賛成によって、アップデートが実行される。BIP91とは、ビットコインを改善するための91番目の提案書)

BIP91によって提案されたアップデートの内容は、

  • 取引データを圧縮して収納する
  • その後、ブロック自体のサイズを拡張する

という二つのアップデートであり、「segwit2x」と呼ばれています。「取引データを圧縮して収納する処理」は電子署名を保管する場所を改変するためsegwitと呼ばれ、そして収納するブロックのサイズを2倍にするためx2、合わせてsegwit2xとなります。

 

ブロックサイズはビットコインの8倍

ビットコインの分裂論点の1つになっていたのは、ビットコインのスケーラビリティ問題です。

ビットコインにおけるブロックチェーンのブロックサイズが1MBに制限されていたことで、処理の遅延や取引手数料の上昇が発生していました。ビットコインネットワーク上での取引は理論上で1秒間に3~4秒で処理できるはずでしたが、近年の価格高騰の影響により取引量が増加し、手数料は1年間で100倍以上増加しました。

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)はブロックサイズの上限をセグウィットを導入せずに1MBから8MBに上げました。

 

難易度調整が可能な新しいアルゴリズムを採用

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)は、旧来のビットコインのチェーンから新しいビットコインキャッシュのチェーンに移行した際に、独自の難易度調整アルゴリズム(DAA)採用しており、ハッシュレート変動を抑えながら安定して運用が出来る仕組みになっています。11月のハードフォークで新アルゴリズム(DAA)を採用しており、今後もアルゴリズム改善が予定されています。(DAA:Difficulty Adjustment Algorithms

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)は、ブロックが生成されないことを懸念して緊急難易度調整アルゴリズム(EDA)と呼ばれる仕組みを内蔵しており、採掘難易度に比してハッシュパワーが著しく低い場合に採掘難易度の調整が出来る仕様となっていました。

ですが、緊急難易度調整アルゴリズム(EDA)は採掘難易度の調整が極端であり、難易度が調整されたタイミングでマイナーが集中し瞬時にブロックが生成されるなどの問題が発生していました。

 

緊急難易度調整アルゴリズム(EDA)の仕組み

  • ブロックのMTPMedian Time Past)が、6ブロック前のMTPよりも12時間以上である場合、EDAが発動
  • EDAが発動した場合、採掘難易度が約20%低下する

1113日のハードフォークによって「D601」を基とした「DAA」を採用することで、上記の問題は改善されています。)

  • 600秒に1つのブロック生成が実行できる難易度に調整
  • ハッシュレートが安定している時は、急激な難易度調整が起きない
  • ハッシュレートが急激に変化した時は、即座に難易度を調整
  • ハッシュレートと難易度間の調整による動揺の回避
  • timestamp manipulationなどの攻撃を回避(timestamp manipulation:ある時刻にその電子データが存在していたこととその後それが改ざんされないことを証明する技術の巧妙な操作のこと)

 

新しいトランザクションの署名形式

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)は、新しいシグハッシュの形式により「リプレイプロテクション」「ハードウェアウォレットのセキュリティ向上」「ハッシュの指数的増加問題」の解決、の3つ問題を解決しています。

 

リプレイプロテクションとは

リプレイプロテクションとは、リプレイアタックを回避する方法です。リプレイアタックとは、分岐時に派生した元帳を悪意のある者が利用し、元の送信者の元帳から通貨を勝手に送信させる(盗み取る)攻撃であり、攻撃された者の資産が大きく失われる可能性があります。(A→Bにビットコインを送金した場合、全く別のウォレットに1BCHを送金してしまうことになります)

反射攻撃(リプレイアタック)

コンピュータネットワークにおいて、有効なデータ転送が故意または不正に繰り返し/遅延されることによる、攻撃の形式である。

 

 

いつも閲覧ありがとうございます^^

お疲れやまでした!

 

ダップス
いつも閲覧ありがとうございます^^
お疲れやまでした(山)

@satoimocoinも気軽にフォロー下さい!^^
・あなたの人生に化学反応を!
・変化する面白さを伝えたい(変化人)
・仮想通貨(Fintech& Technology)
・副業/複業で稼ぐ(会社バレしない方法)
・知的体育会系アート脳って何?
・マインド(行動するから興奮する)
>詳しくはTwitterプロフ

仮想通貨ブログに挑戦してみませんか?

【仮想通貨ブログが急増している理由とは】

ブログ開始3ヶ月で書いたレポート▼
仮想通貨ブログは儲かる?稼げる?開始3ヶ月間のリアルな収入公開中!

ブログ開始4ヶ月で書いたレポート▼
仮想通貨アフィリエイトのやり方・稼ぐ方法!2018年

え?ここも提携できるの?アフィ加速▼
アフィ提携できる取引所とASP業者

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク

取引所は開設しておくことをお勧めしています!

取引所の公式サイトは名前をクリックして下さい▼

おすすめ取引所ランキング
【1】Zaif(ザイフ) ←おすすめ
手数料がマイナス%で取引するともらえます。Zaifでしか購入できない通貨も多数あり。

【2】bitFlyer(ビットフライヤー) ←おすすめ
【LISKが購入できます】国内最大の取引所で、セキュリティ評価も世界でTOPクラスです。

【3】bitbank(ビットバンク) ←人気急上昇中
リップルが一番安く買える国内の取引所。シンプルで使いやすく、セキュリティ体制も徹底。

【4】BINANCE(バイナンス) ←海外取引所なら
初めての海外取引所におすすめ。100種類以上の通貨が売買できます。

【5】DMM Bitcoin ←初心者向け
取引所の利用が初めての人でも見やすいと定評のある取引所。24時間体制でLINEサポート。

【★】QUOINEX(コインエクスチェンジ) ←再注目!
板取引が充実している再注目の国内取引所。登録しておく価値ありです。

★詳しい特徴と登録方法はこちらから!(7つの取引所をまとめて解説♪)

スマホで仮想通貨投資に挑戦中。
これからもドシドシ仮想通貨の情報配信します!
(もしよろしければ↓からシェアお願いします^^)