ビットバンクの取り扱い通貨は?【取引できる銘柄一覧】

ビットバンク(bitbank)をスマホで口座開設【登録方法】仮想通貨取引所 仮想通貨(ビットコイン)



スポンサーリンク

ダップス
まいど、bigおーきにです。
知的体育会系アート脳の変化人(@satoimocoin)です!

ビットバンクの取り扱い通貨、取引銘柄や種類を解説しています。仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)で取引できる通貨の銘柄と種類を全て解説します。リップルやモナコインが指値注文で購入できる取引所として人気ですが、ビットコインやイーサリアム以外に数種類の通貨取引所方式で売買できます。取扱い通貨は取引所によって異なってきます。Zaifやビットフライヤーとも比較しています。

 

ビットバンク(bitbank)の取り扱い通貨

仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank.cc)の取り扱い通貨を解説しています。

ビットバンクはリップル(XRP)が安く購入できる取引所として国内では有名ですが、ビットコインの他にアルトコイン5種類の通貨を取り扱っており、全て取引所方式で指値注文で購入できることも特徴で人気の一つです。

現在ビットバンク(bitbank)で売買できる、取り扱い通貨は「6種類」のコインです。

ビットコイン以外に5種類のアルトコインを取り扱っています。

 

ビットコイン+アルトコイン5種類

全て取引所方式で指値注文が可能

 

それでは、取り扱い銘柄と種類を解説します。

 

さまざまなアルトコインを知るうちに、これビットバンクで扱ってたかな、、購入できたかな??

なんてことが筆者もよくありますので、簡単に銘柄と種類、通貨の特徴をまとめておきます!



 

ビットバンクで取引できる銘柄

 

ビットバンクで取引できる取り扱い銘柄です▼

1、ビットコイン(BTC)

2、リップル(XRP)

3、ライトコイン(LTC)

4、イーサリアム(ETH)

5、モナコイン(MONA)

6、ビットコインキャッシュ(BCC・BCH)

 

ビットバンクの取り扱い通貨、取引できる銘柄と種類

参照:bitbank

 

ビットバンクの取り扱い銘柄まとめ

ビットコイン+アルトコイン5種類

  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCC)※

合計6種類の銘柄が取引可能です。

(2018年5月10日時点の情報です。)

※ビットバンクではビットコインキャッシュの通貨単位を「BCC」と記載されています。

「BCH」の方がよく使われているので注意しましょう!

 

また取引可能な銘柄、通貨の種類が増えたら更新しマス。<゜)))彡

 

スマートフォンからも登録方法は簡単です。口座開設はこちらから▼

仮想通貨ならビットバンク

簡単な登録手順▼

  1. メールアドレスを入力して、登録ボタンをクリックします。
  2. 仮登録メールが送られてきますので、メール本文内のリンクをクリックします。
  3. 利用規約、取引ルール、リスク事項に同意した後、チェックボックスにチェックをいれて、利用開始ボタンをクリックします。
  4. 口座開設(アカウント登録)が完了します。

 

人気銘柄、注目銘柄

時価総額の高い通貨を主に取り扱っているため、全て優秀なコインとも言えるのですが、リップルとモナコインを購入するためにビットバンク(bitbank.cc)を口座開設している方は多いようです。

また、2018年はビットコインキャッシュのアップグレード(バージョンアップ)による価格高騰を期待している方も増えています。

 

ビットバンクの人気銘柄は、リップル、次にモナコイン

2018年に注目されている銘柄はビットコインキャッシュ

 

通貨毎の特徴をざっくりですが、解説していきます。

 

取り扱い通貨の特徴

ビットコイン(BTC)

ビットコイン(BTC)とは

仮想通貨の名称は、Bitcoin(ビットコイン)で、通貨シンボルは「BTC」と表記されます。

非中央集権で発行主体は存在していません。発行方法は、 SHA-256アルゴリズムを用いたプルーフオブワークの仕組みにより、Bitcoinブロックチェーンの維持管理に参加する者が、管理しています。

総発行枚数(発行可能上限数)が2,100万枚と決まっています。

世界発の暗号通貨で2009年から運用されており、時価総額ランキングでは常に1位です。

基軸通貨でブランド力もあり、圧倒的な支持を受けて、世界で最も取引されている仮想通貨になります。

ビットコインの最小単位は「0.000000001BTC」(0が8個で、1億分の1)です。

1ビットコインの1億分の1の単位を「satoshi(サトシ)」と言います。

1BTC=100,000,000satoshi

1satoshi=0.000000001BTC

暗号通貨の王様であり、現在の仮想通貨の中心的存在です。

 

リップル(XRP)

リップル(XRP)とは

仮想通貨の名称は、Ripple(リップル)で、通貨シンボルは「XRP」と表記されます。

リップル社(Ripple, Inc.)が一元的に発行と管理をしている仮想通貨で、総発行枚数(発行可能上限数)が1,000億枚と決まっています。

発行会社(Ripple, Inc.)が存在する仮想通貨です。

会社名、通貨名、送金システムのプラットフォーム、全て「Ripple(リップル)」と呼ぶことが出来ます。

Ripple(リップル)は、「価値のインターネット」の実現を目指すために作られており、「国際送金」を変革するために、世界中の銀行と協働しています。

リップル社という発行主体が存在するため、「非中央集権=暗号通貨」という意見が強い方からは「リップルは仮想通貨ではない」等と暗号通貨としての否定的な意見もあったりしていますが、既存の決済インフラでは満たされて世の中に対して、「国際送金」を変革するための性能を十分も持っており、リップルの価値を認めている人は多いです。

時価総額ランキングでは常に上位で、ビットコイン、イーサリアムの次で、3位にランクインしていることが多いです。

 

ライトコイン(LTC)

ライトコイン(LTC)とは

仮想通貨の名称は、Litecoin(ライトコイン)で、通貨シンボルは「LTC」と表記されます。

ビットコインが2009年に公開された2年後の2011年10月に公開されており、歴史があることから「アルトコインの先駆け」「初期のアルトコイン」とも言われております。

元GoogleエンジニアのCharlie Lee氏がライトコインが開発者で、基本的にはオープンソースであるビットコインをもとにしていますが、送金時間(取引の承認時間)がビットコインの「4分の1」で、総発行枚数はビットコインの4倍であることが特徴です。

発行方法は、 Scryptアルゴリズムを用いたプルーフオブワークの仕組みによるもので、ビットコインよりも短時間の90秒間隔で発見可能な難易度に調整されています。

ビットコインとライトコインとの関係性は「競合ではなく」、ライトコインはビットコインを補うために開発されていますので、ビットコインの存在価値が高まるとライトコインの存在価値も一緒に高まるということになります。

そのため、ビットコインを「金(gold)」と考えるなら、ライトコインは「銀(silver)」と言われています。

 

イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)とは

仮想通貨の名称は、Ethereum(イーサリアム)で、通貨シンボルは「ETH」と表記されます。

開発者はVitalik Buterin氏で、2014年に公開されています。

Ethereum(イーサリアム)は、分散型アプリケーション (DApps) やスマートコントラクトを構築するためのプラットフォームの名称、関連するオープンソース・ソフトウェア・プロジェクトの総称でもあると言えます。

イーサリアムもビットコイン同様ブロックチェーンの暗号技術を利用していますが、ビットコインよりも「さらに機能を拡張させている」のが特徴で、ビットコインとの大きな違いとして「スマートコントラクト」という技術を利用している点が挙げられます。

ビットコインにはない「スマートコントラクト」という画期的なシステムを持つことが特徴です。

スマートコントラクトには、取引で行われる契約を自動的に実行し保存していく機能がありますので、スマートコントラクトを使うと、例えばですが、誰にいつ送金するといった契約内容が自動的に実行されることになり、契約が実行されると、その実行内容はネットワーク上に保存されます。

時価総額ランキングでは常に上位で、ビットコインの次で、2位にランクインしていることが多いです。

 

モナコイン(MONA)

モナコイン(MONA)とは

仮想通貨の名称は、MonaCoin(モナコイン・モナーコイン)で、通貨シンボルは「MONA」と表記されます。

モナコイン(monacoin)は、2014年1月に正式リリースされた、日本初の「国産」仮想通貨です。

モナコイン(monacoin)は、大規模匿名ネット掲示板の「2ちゃんねる」でお馴染みの猫アスキーアート(AA)である「モナー」をモチーフにしていますので「モナーコイン」と呼ばれることもあります。

モナコインはライトコインをベースに作られている為、ビットコインより送金時間が早いなど、ビットコインを超える性能を持っていますが、世界で初めてSegwitを採用するなど、更に独自で発展しており、ライトコインよりも決済向きの通貨で今後は期待されるという意見も多くあります。

日本国産の仮想通貨で、性能が高い通貨、またコミュニティが強くファンに愛されている通貨として、日本で有名ですが、世界中からも注目されている通貨です。

 

ビットコインキャッシュ(BCC・BCH)

ビットコインキャッシュ(BCH)とは

仮想通貨の名称は、Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)で、通貨シンボルは「BCH・BCC」と表記されます。

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)は、2017年8月にビットコインからハードフォーク(分裂)して出来た通貨です。

ビットコインよりも1つのブロックサイズを大きくすることでスケーラビリティ問題を解決しようとした通貨で、その後もアップデートを繰り返し性能を上げている通貨です。

元々はビットコインでしたので基本的な仕組みは変わりませんが、ブロックサイズ、リプレイアタックなどの攻撃への耐性、マイニング難易度調整など、性能は大きく異なります。

アップデート(バージョンアップ)を繰り返し性能を上げていること、ビットコインキャッシュを基軸通貨とする取引所が増えていることなど、流動性と共に今後の価値が期待されている通貨です。

時価総額ランキングでは常に上位で、ビットコイン、イーサリアム、リップルの次で、4位にランクインしていることが多いです。

 

ビットバンクの取り扱い銘柄、ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCC)の簡単な特徴でした。

 

ちなみに

 

ビットバンクでは、NEM(ネム)、LISK(リスク)、EthereumClassic(イーサリアムクラシック)、QASH(キャッシュ)の取扱いはありません。

これらの通貨も今後が非常に期待されている通貨です。

 

▼NEM(ネム)を買いたい場合は、

NEM(ネム)が買える取引所→Zaif(ザイフ)

 

▼LISK(リスク)を買いたい場合は、

LISKが買える取引所→ビットフライヤー

LISKが買える取引所→BINANCE(バイナンス)

 

▼EthereumClassic(イーサリアムクラシック)を買いたい場合は、

EthereumClassic(イーサリアムクラシック)が買える取引所→ビットフライヤー

 

▼QASH(キャッシュ)を買いたい場合は、

QASH(キャッシュ)が買える取引所→QUOINEX(コインエクスチェンジ)

 

となります。

 

合わせてよく読まれている記事

【ビットバンク完全ガイド】登録方法、口座開設の仕方、特徴まとめ

ビットバンク取引所(bitbank.cc)のスマホ登録方法・口座開設の仕方

2018.04.28

 

ここからは、ビットバンク(bitbank)の特徴と登録方法を簡単に紹介します!

 

ビットバンク(bitbank)

ビットバンクにスマホで登録方法
★ざっくり特徴★

  • 取引手数料が安いです!(全ペア無料)
  • セキュリティに力を入れている事、シンプルな画面で使いやすく、人気急上昇中。
  • リップルを日本で一番安く買うことが出来ます。
  • スマホからも見やすい取引画面
  • 仮想通貨ならビットバンク(bitbank)は、初心者向けの取引所です。

    仮想通貨交換業者として金融庁が認可している登録業者ですので安心して使用できます。

     

    手数料、取扱い通貨の種類、使いやすさ、セキュリティ面、スマホ画面、どれも文句なしです。

     

    スマートフォンからも登録方法は簡単です。口座開設はこちらから▼

    仮想通貨ならビットバンク

     

    ★登録手順★

    ビットバンクにスマホで登録方法・手順

    すぐ確認できるメールアドレスを入力して「無料口座開設」をクリックします。

    ※自動返信メールが届きますので、届かない場合は、「迷惑メールフォルダ」を確認するか、「アドレスの入力間違い」でないか注意して下さい!

    公式サイトはこちらから▼

    仮想通貨ならビットバンク

     

    取引所は複数の口座開設をおすすめしています!

    ★理由★

    • 資産のリスクヘッジになります。
    • 取引所によって取り扱い通貨が違います。
    • いつ新しい通貨の取扱いが始まっても、すぐ買えるよう準備(※これ重要です)

    すぐに売買ができる取引所の数だけチャンスがある!というイメージです。

    ※どの取引所も口座開設や維持手数料は無料ですので、開設しておくことをおすすめしています。

     

    おすすめ取引所

    公式サイトは名前をクリックして下さい▼

    国内の取引所(ベスト3)

    海外の取引所なら!

    その他の国内取引所

    ※口座開設や維持手数料は全て無料です。

     

    以上、ビットバンク(bitbank)の取扱い銘柄、特徴と登録方法でした!!!

     

     

    いつも閲覧ありがとうございます!

    お疲れやまでした^^

     

    ダップス
    いつも閲覧ありがとうございます^^
    お疲れやまでした(山)

    @satoimocoinも気軽にフォロー下さい!^^
    ・あなたの人生に化学反応を!
    ・変化する面白さを伝えたい(変化人)
    ・仮想通貨(Fintech& Technology)
    ・副業/複業で稼ぐ(会社バレしない方法)
    ・知的体育会系アート脳って何?
    ・マインド(行動するから興奮する)
    >詳しくはTwitterプロフ

    仮想通貨ブログに挑戦してみませんか?

    【仮想通貨ブログが急増している理由とは】

    ブログ開始3ヶ月で書いたレポート▼
    仮想通貨ブログは儲かる?稼げる?開始3ヶ月間のリアルな収入公開中!

    ブログ開始4ヶ月で書いたレポート▼
    仮想通貨アフィリエイトのやり方・稼ぐ方法!2018年

    え?ここも提携できるの?アフィ加速▼
    アフィ提携できる取引所とASP業者

     



    スポンサーリンク



    スポンサーリンク

    取引所は開設しておくことをお勧めしています!

    取引所の公式サイトは名前をクリックして下さい▼

    おすすめ取引所ランキング
    【1】Zaif(ザイフ) ←おすすめ
    手数料がマイナス%で取引するともらえます。Zaifでしか購入できない通貨も多数あり。

    【2】bitFlyer(ビットフライヤー) ←おすすめ
    【LISKが購入できます】国内最大の取引所で、セキュリティ評価も世界でTOPクラスです。

    【3】bitbank(ビットバンク) ←人気急上昇中
    リップルが一番安く買える国内の取引所。シンプルで使いやすく、セキュリティ体制も徹底。

    【4】BINANCE(バイナンス) ←海外取引所なら
    初めての海外取引所におすすめ。100種類以上の通貨が売買できます。

    【5】DMM Bitcoin ←初心者向け
    取引所の利用が初めての人でも見やすいと定評のある取引所。24時間体制でLINEサポート。

    【★】QUOINEX(コインエクスチェンジ) ←再注目!
    板取引が充実している再注目の国内取引所。登録しておく価値ありです。

    ★詳しい特徴と登録方法はこちらから!(7つの取引所をまとめて解説♪)

    スマホで仮想通貨投資に挑戦中。
    これからもドシドシ仮想通貨の情報配信します!
    (もしよろしければ↓からシェアお願いします^^)