ブロックチェーン(BlockChain)の基本知識!仕組みと将来性【ざっくり解説】

ブロックチェーン(BlockChain)の基本知識!価値と将来性【ざっくり解説】 仮想通貨の始め方(登録方法・口座開設)



スポンサーリンク

ダップス
まいど、bigおーきにです。
知的体育会系アート脳の変化人(@satoimocoin)です!

ブロックチェーン(Blockchain)の基本知識をざっくり解説します。ブロックチェーン(Blockchain)は100年に1度と言われる程の革新的技術で、特に金融ビジネスを一変させるとも言われているFinTech(フィンテック)の一つです。ブロックチェーンの仕組みや特徴、価値や将来性、普及すると世の中がどう変わるのか。基礎的なことから基本知識まで、ブロックチェーン(Blockchain)を「ざっくり」解説します。

 

ブロックチェーンって、「とにかくスゴイ技術」なんでしょ?

でもなんか難しそうで仕組みまでは良く分からん!

って方はざっくり解説なので、参考にして下さい^^

 

ブロックチェーン(Blockchain)の起源【そもそも論】

まず最初に、ブロックチェーン(Blockchain)の起源、どうやって発明されて始まったかです。

ブロックチェーンはビットコインや仮想通貨を「支えている技術」です。

 

よく勘違いされているのですが、、

「ブロックチェーン」から「ビットコイン」が生まれたのではなく、「ビットコインからブロックチェーンが生まれています」

ブロックチェーンはビットコインを構成する要素技術の1つとなります。

 

ざっくり解説

ブロックチェーン(Blockchain)はビットコインを支える技術

ビットコインを実現するために、ブロックチェーンは生まれた

ビットコインの基盤技術で、要素技術の一つ



ビットコインとブロックチェーン

ビットコインは2008年11月にSatoshi Nakamoto(サトシ・ナカモト)氏が発表した論文をきっかけに生まれました。

厳密には、論文を発表した時点ではビットコインやビットコインの設計図は完成しておらず、「ビットコインの考え方」が発表されたということです。

 

そして、その論文の内容(ビットコイン)を実現するための技術として、ブロックチェーンは登場しました。

 

なので、ブロックチェーンがあるからビットコインが生まれたのではなく、ビットコインの考え方が一番最初に起源としてあり、ビットコインを実現するためにブロックチェーンという技術が生まれたと言えます。

 

「ブロックチェーン」から「ビットコイン」が生まれたのではなく、

「ブロックチェーン」は仮想通貨ビットコインの基幹技術として発明された概念で、「ビットコインからブロックチェーンが生まれています」

ブロックチェーンはビットコインや仮想通貨を「支えている技術」の一つです。

 

ブロックチェーンはビットコインを支える技術として注目されていますが、そのアイデアの革新さに加えて、「幅広い用途への応用が可能」なことから、ブロックチェーンがもたらす影響(ビジネスインパクト)にも注目が集まっています。

 

ざっくり解説

Satoshi Nakamoto(サトシ・ナカモト)の論文は、ビットコインの「考え方」

ブロックチェーンは幅広い用途への応用が可能

 

続いて、

  • ブロックチェーンとは
  • ブロックチェーンの仕組み
  • ブロックチェーンによって加速する事、変わる事

と解説していきます。

 

ブロックチェーン(Blockchain)とは

ブロックチェーン(Blockchain)とは、「データを保存するための技術」で、取引データを始めとするさまざまなデータを記録するための技術と言えます。

 

今までと何が違うかと言いますと、「改ざんされない保存技術」だからです。

ハッキングされて不正にデータが流出したり、改ざんされたりする事はありません。(一部の例外を除いて)

 

不正に書き換えが出来ないため、ブロックチェーンに記録されている内容は「信用が出来る」ということになります。

 

ブロックチェーン技術によって保存されているデータは絶対です。(一部の例外を除いて)

 

この絶対的な仕組みが、ブロックチェーンが革新的と言われている主な理由になります。

高い透明性や信頼性をインターネット上で確保できることから、多様な用途への応用が期待されています。

 

そして、いろんなことをブロックチェーン技術で記録していこう!

ブロックチェーンの技術、他にももっと応用できる!

ブロックチェーンがあえば、こんな事も実現できる!

となっている訳です。

 

ざっくり解説

ブロックチェーンはデータを保存するための技術

改ざんされない為、ブロックチェーン内のデータは信用が出来る

 

その絶対的な仕組みを支えている一番の特徴は、管理方法が「分散型」になっていることです。

分散型の管理とは、特定の管理者は存在せず、ユーザー同士が管理し合うシステムのことを表しています。

 

ブロックチェーンのことを、最初にデータを保存する技術と記載しましたが、簡単に言うと「台帳」のことです。

 

ですので、ブロックチェーンは、分散台帳を実現する技術で、「分散型の台帳」と言われています。

ブロックチェーンは「分散して管理される(特定の管理者は存在しない)のが特徴」です。

 

特定の管理者は存在しない=ユーザー同士が管理し合っている

 

記録されている取引データは、特定の誰かや企業が管理している訳ではなく、皆で共有しながら管理しているため、「(特定の)管理者がいない」とも言えます。

特定の管理者がいない(=皆で分散して管理している)から、誰も書き換えが出来ないのです。

誰もブロックチェーンの記録されているデータを書き換える「権限」を持っていません。

権限を持つ管理者が存在しません。

 

これまでは何事も管理者が存在しましたが「銀行や企業など」、これからは、管理者は存在せず、ユーザー間だけで成り立つようになります。

なので、分散型管理のことを「非中央集権型」とも言われます。

 

銀行や企業などの管理者が存在することを「中央集権型」

管理者が存在しないことを「非中央集権型」

と言われています。

 

余計に難しく思えるかもしれませんが、「集団(ユーザー同士)で管理するため、誰かが不正することは不可能です。」

その集団(ユーザー同士)が結託して、管理者全員で不正しよう!となる可能性は理論上あるのですが、それも現実的には起きないような仕組みとなっていますので、超一部の例外を除き、ブロックチェーン技術を使って記録されているデータ(内容)は絶対で信用できる。というイメージになります。

 

また、内容(データ)は暗号化されて保存されています。

 

ビットコインで言うと、「取引の記録が暗号化された状態で」保存されています。

「AさんはBさんに1ビットコインを送金しました」と記録されれば、それが絶対です。(信用できます)

 

なので、ブロックチェーンとは「取引データの技術」のことを指します。

しかも、システム障害にも強く、かつ低コストで運用できるため、「いいことだらけ」なのです。

 

取引のデータ(履歴)を「トランザクション」と呼び、そして、複数のトランザクションをまとめたものを「ブロック」と言いますので、このブロックが鎖のように連なるように保存された状態が「ブロックチェーン」です。

 

「ブロックチェーン」はあくまで「分散台帳を実現する技術」であり、それをビットコインが使用している。

ビットコインや仮想通貨以外でも、ブロックチェーンの技術が使用されるようになります。

 

ブロックチェーン(Blockchain)の仕組み

ブロックチェーン(Blockchain)の基本的な仕組みは、「分散」してユーザー同士が管理し合うシステムだと解説しましたが、ユーザー同士でシステムを管理しあう構造になっていることを、「P2P(ピアツーピア)方式」と言います。

 

ブロックチェーンでは、ネットワーク内で発生した取引の記録を「ブロック」と呼ばれる記録の塊に格納します。

「ブロック」はハッシュ関数で暗号化されます。

 

個々のブロックには取引の記録に加えて、1つ前に生成されたブロックの内容を示すハッシュ値と呼ばれる情報などを格納します。

生成されたブロックが、時系列に沿ってつながっていくデータ構造が、まさにブロックチェーンと呼ばれる理由です。

もし仮に、過去に生成したブロック内の情報を改ざんしようと試みた場合、変更したブロックから算出されるハッシュ値は以前と異なることから、後続するすべてのブロックのハッシュ値も変更しなければならず、そうした変更は事実上困難です。このように、ブロックチェーンは改ざん耐性に優れたデータ構造を有しているのが大きな特徴です。

 

ブロックチェーン(Blockchain)を支える技術

また追記します!

 

ダップス
いつも閲覧ありがとうございます^^
お疲れやまでした(山)

@satoimocoinも気軽にフォロー下さい!^^
・あなたの人生に化学反応を!
・変化する面白さを伝えたい(変化人)
・仮想通貨(Fintech& Technology)
・副業/複業で稼ぐ(会社バレしない方法)
・知的体育会系アート脳って何?
・マインド(行動するから興奮する)
>詳しくはTwitterプロフ

仮想通貨ブログに挑戦してみませんか?

【仮想通貨ブログが急増している理由とは】

ブログ開始3ヶ月で書いたレポート▼
仮想通貨ブログは儲かる?稼げる?開始3ヶ月間のリアルな収入公開中!

ブログ開始4ヶ月で書いたレポート▼
仮想通貨アフィリエイトのやり方・稼ぐ方法!2018年

え?ここも提携できるの?アフィ加速▼
アフィ提携できる取引所とASP業者

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク

取引所は開設しておくことをお勧めしています!

取引所の公式サイトは名前をクリックして下さい▼

おすすめ取引所ランキング
【1】Zaif(ザイフ) ←おすすめ
手数料がマイナス%で取引するともらえます。Zaifでしか購入できない通貨も多数あり。

【2】bitFlyer(ビットフライヤー) ←おすすめ
【LISKが購入できます】国内最大の取引所で、セキュリティ評価も世界でTOPクラスです。

【3】bitbank(ビットバンク) ←人気急上昇中
リップルが一番安く買える国内の取引所。シンプルで使いやすく、セキュリティ体制も徹底。

【4】BINANCE(バイナンス) ←海外取引所なら
初めての海外取引所におすすめ。100種類以上の通貨が売買できます。

【5】DMM Bitcoin ←初心者向け
取引所の利用が初めての人でも見やすいと定評のある取引所。24時間体制でLINEサポート。

【★】QUOINEX(コインエクスチェンジ) ←再注目!
板取引が充実している再注目の国内取引所。登録しておく価値ありです。

★詳しい特徴と登録方法はこちらから!(7つの取引所をまとめて解説♪)

スマホで仮想通貨投資に挑戦中。
これからもドシドシ仮想通貨の情報配信します!
(もしよろしければ↓からシェアお願いします^^)