仮想通貨とトークンの違い!仮想通貨のトークンって何?

仮想通貨の始め方(登録方法・口座開設)



スポンサーリンク

ダップス
まいど、bigおーきにです。
知的体育会系アート脳の変化人(@satoimocoin)です!

仮想通貨とトークンの違い!仮想通貨のトークンって何?

仮想通貨とトークンの違いについて解説しています。仮想通貨のトークン(Token)とはどういう意味なのでしょうか。通貨のことをトークンと呼んだり主要通貨と区別して呼んだりさまざまです。仮想通貨と比較しながら違いと意味、種類や特徴などを初心者向けにも分かりやすく説明します。仮想通貨のトークンとは。

 

仮想通貨とトークンの違い(トークンとは)

仮想通貨とトークンの違いは何でしょうか。仮想通貨の取引所で「主要通貨」と「トークン」に分かれていたり、仮想通貨関連の記事でも「○○トークン」や「トークンセール」など、トークン(Token)という言葉をよく聞くようになりました。

トークンとは、簡単にですが、ビットコインなどのブロックチェーン上で発行した独自コインのことになります。

ビットコインを基に作られたトークンもあれば、イーサリアムを基にして作られたトークンなどさまざま存在します。

 

いろいろな記事を調べましたが、仮想通貨とトークンは大きな違いはありません。

 

トークンは仮想通貨とは違い、これまで使われているビットコインなどのブロックチェーンの「仕組みを使っている」という点です。



仮想通貨とトークンの違い(どう区別されている?)

「独自ブロックチェーンで発行したもの=仮想通貨」

「既存ブロックチェーンで発行したもの=トークン」

※プラットフォーム上で発行されているトークン

仮想通貨とトークンの時価総額やランキングがわかるサイトでも、Coin(仮想通貨)とToken(トークン)とで分けられており、Token(トークン)にはプラットフォーム名が記載されています。

仮想通貨とトークンの違い!トークンとは

参照:https://coinmarketcap.com

 

下記画像はZaif取引所の取引通貨ペアを選択する画面ですが、通貨の種類が「主要通貨」「トークン」「COMSA」に分けられています。

仮想通貨とトークンの違い!トークンとは(Token)

 

独自の技術と既存のプラットフォーム

一般的に仮想通貨(仮想通貨の中の主要通貨)と呼ばれている通貨は、独自の技術的な仕組みが特徴でそれぞれ名前が付いていますが、(例えばですが、ビットコイン・イーサリアム・リスク・モネロ・ライトコインなど)

トークンは既存のブロックチェーンの仕組みで出来ており、仮想通貨のような独自の技術的な仕組みはないという事になります。

例えばですが、QASH(キャッシュ)というトークンはEthereum(イーサリアム)のプラットフォームを採用しています。

最近話題のPepe Cash(ペペキャッシュ)というトークンはCounterparty(カウンターパーティ)のプラットフォームを採用しています。

それぞれ独自のプラットフォームを基につくられています。

トークンの解説

トークンとは、証拠・記念品・代用貨幣・引換券・商品券などの意味を持つ英単語。
プログラミングではソースコードを解析する際にそれ以上細かい単位に分解できない文字列の並びの最小単位(要素名や演算子など)のことをトークンという。

引用- IT用語辞典(トークンとは)

 

トークンの特徴・仮想通貨との違い

ビットコインは発行者がいません、プログラムで発行量の上限枚数が既に決まっており、誰かが後から発行することは出来ません。

イーサリアムやリップルは発行者がいますが、発行量の上限枚数は既に決まっています。

「トークン」は発行者が存在して、発行量を発行者が操作することが出来ます。

トークンは株式のような性質を持っていると言えます。(一部例外もあります)

株式のような性質ですので、実際株主になる訳ではありませんが、株式と同じように、そのトークンの発行元の事業が成功し、その事業が成長すればするほど、その発行したトークンの市場価値が高まったりします。(一部例外もあります)

発行元の将来性に期待して購入する(投資する)という点でも、トークンは株式に近いものと言えます。

 

仮想通貨のタイプは簡単に2種類?

仮想通貨のタイプはおおまかに分けると2種類に分けることが出来ます。

アセットタイプとは(発行者が存在)

アセットタイプとは、その仮想通貨の発行者が発行枚数などを決めることが出来ます。

実際に配られているトークンは株式ではないですが、開発元のチャットアプリビジネスが成功すればするほど発行したトークンの市場価値が高まったりする要因になるので、まるで株式のような性質を持ちます。

カレンシータイプとは(採掘するタイプ)

カレンシータイプとは、ビットコインなどのように採掘するタイプの仮想通貨です。

決まった仕組みに基づいて枚数が増えるように、プログラミングが予めされているため、変更が出来ないことが特徴です。

ビットコインの発行枚数の上限も2,100万枚と決まっており、カレンシータイプの仮想通貨と言えます。

 

トークンが話題?

Zaifトークン(ザイフトークン)やCOMSAトークンなど、仮想通貨の認知と共にトークンの購入や将来性への期待など注目が集まっています。

2017年12月14日、CMSトークンが仮想通貨取引所Zaifへ新規上場しています。

Zaif取引所で「CMS:XEM/JPY」「CMS:ETH/JPY」の取引を開始しており、ついに出金が可能となりました。

また金融庁から仮想通貨のホワイトリスト化しているトークンなどもあります。

 

各種トークンが購入できる取引所

主要通貨のほか、各種トークン(COMSAトークンも)が購入できるZaif取引所です。

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)

※登録方法は簡単でスマホから口座開設ができます。

QASHトークンが購入出来る取引所はこちら

QASHトークンは金融庁のホワイトリスト入りしています。

仮想通貨取引するなら【QUOINEX】




今後もトークン(Token)に注目が集まります!

 

 

いつも閲覧ありがとうございます^^

お疲れやまでした!

 

ダップス
いつも閲覧ありがとうございます^^
お疲れやまでした(山)

@satoimocoinも気軽にフォロー下さい!^^
・あなたの人生に化学反応を!
・変化する面白さを伝えたい(変化人)
・仮想通貨(Fintech& Technology)
・副業/複業で稼ぐ(会社バレしない方法)
・知的体育会系アート脳って何?
・マインド(行動するから興奮する)
>詳しくはTwitterプロフ

仮想通貨ブログに挑戦してみませんか?

【仮想通貨ブログが急増している理由とは】

ブログ開始3ヶ月で書いたレポート▼
仮想通貨ブログは儲かる?稼げる?開始3ヶ月間のリアルな収入公開中!

ブログ開始4ヶ月で書いたレポート▼
仮想通貨アフィリエイトのやり方・稼ぐ方法!2018年

え?ここも提携できるの?アフィ加速▼
アフィ提携できる取引所とASP業者

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク

取引所は開設しておくことをお勧めしています!

取引所の公式サイトは名前をクリックして下さい▼

おすすめ取引所ランキング
【1】Zaif(ザイフ) ←おすすめ
手数料がマイナス%で取引するともらえます。Zaifでしか購入できない通貨も多数あり。

【2】bitFlyer(ビットフライヤー) ←おすすめ
【LISKが購入できます】国内最大の取引所で、セキュリティ評価も世界でTOPクラスです。

【3】bitbank(ビットバンク) ←人気急上昇中
リップルが一番安く買える国内の取引所。シンプルで使いやすく、セキュリティ体制も徹底。

【4】BINANCE(バイナンス) ←海外取引所なら
初めての海外取引所におすすめ。100種類以上の通貨が売買できます。

【5】DMM Bitcoin ←初心者向け
取引所の利用が初めての人でも見やすいと定評のある取引所。24時間体制でLINEサポート。

【★】QUOINEX(コインエクスチェンジ) ←再注目!
板取引が充実している再注目の国内取引所。登録しておく価値ありです。

★詳しい特徴と登録方法はこちらから!(7つの取引所をまとめて解説♪)

スマホで仮想通貨投資に挑戦中。
これからもドシドシ仮想通貨の情報配信します!
(もしよろしければ↓からシェアお願いします^^)