仮想通貨ファクトム(Factom)とは?将来性は?まだ高騰する?

factomファクトムの半減期は?将来性は? 仮想通貨(ビットコイン)



スポンサーリンク

ダップス
まいど、bigおーきにです。
知的体育会系アート脳の変化人(@satoimocoin)です!

仮想通貨ファクトム(Factom)とは?将来性は?まだ高騰する?

 

仮想通貨ファクトム(Factom)とは

ファクトム(Factom)は、2015年にアメリカで公開された仮想通貨で、ブロックチェーンの膨大なデータ量や手数料を減らす為に開発されています。

ビットコインのソースをベースにしてリリースされておりますが、発行上限枚数はありません。(運営チームが利用量を一定に保つようしている為、一度に大量のFactomが発行されることはないようです)

ファクトム(Factom)はビットコインのブロックチェーン技術を応用して作られたビットコイン2.0通貨のうちの一つで、ブロックチェーンが改ざん不可能であることに注目して、あらゆる電子データ(Fact=事実)を分散し、記録、追跡、管理できるために作られたデータ管理プラットフォームです。分散型公証システムとも呼ばれています。

※ビットコイン2.0とはブロックチェーンの技術を様々な用途に活用することとされています。

事実という語源のファクト(Fact)が通貨名称の由来で、通貨略号は「FCT」です。

Fact(事実)が語源になっていますが、ファクトム(Factom)自体はプラットフォームの名称で、それを利用するために必要なのがFactoid(ファクトイド)というトークンです。ファクトム(Factom)の開発・運用はファクトム(Factom)プロジェクトチームが手掛けており、Factoid(ファクトイド)の発行母体も兼ねています。

Factom社はアメリカのテキサスに本社を構え、カリフォルニア、上海、北京、ロンドンに支社を展開しています。

 

Factoid(ファクトイド)とは

ファクトム(Factom)とはプラットフォームの名称でデータや書類などを記録するものです。仮想通貨としての通貨名称は、Factoid(ファクトイド)と呼ばれています。仮想通貨取引所で取引されているファクトム(Factom)はこのFactoid(ファクトイド)通貨単位のFCTと呼ばれるものになります。



ファクトム(Factom)の特徴

ファクトム(Factom)の特徴はおおまかにですが下記3点となります。

  1. データの改ざんができないブロックチェーンを利用し、「貸付記録」「証券」「保険」「医療」などあらゆる書面や記録を分散して管理、追跡、監査ができる点。
  2. データを遡って記録を証明できるため、あらゆる方面での応用が可能になる点。
  3. 分散管理することにより、データ紛失や盗難のセキュリティが集権管理型の本来の保存方法に比べて格段にあがる点。

 

ファクトムハーモニー(Factom Harmony)とは

Factom Harmony(ファクトムハーモニー)とは、ファクトムブロックチェーンを利用した、米国住宅ローン市場向けに設計された機能のことです。ビル&メリンダ・ゲイツ財団と協力して住宅ローン市場の管理計画を開始しています。

アメリカの住宅ローン市場では、毎年書類を処理するために約500億ドル(約5兆円)の費用がかかると言われています。アメリカの大手銀行Bank of America(バンクオブアメリカ)やWells Fargo(ウェルズファーゴ)では、1件の住宅ローンが処理されるまでに平均で1,000ページの書類が生じているそうです。

平均で1,000ページの書類となると確認するだけでも相当な時間・手間がかかることと、資料の一部が紛失や改ざんされていても気付くことが難しくなります。その負担を減らすために開発されたのが、Factom Harmony(ファクトムハーモニー)というプロェクトです。

Factom Harmony(ファクトムハーモニー)は監査、ファイルレビュー、文書の紛失、契約締結後の事務処理、訴訟といった、住宅ローンを扱ううえで発生する問題にかかるコストや労力を大幅に低減できます。監査、書類審査、訴訟準備活動は、適切な書類とデータを使用してのみ実施されます。

 

ファクトムハーモニー(Factom Harmony)の発展

Factom Harmony(ファクトムハーモニー)はアメリカの住宅ローン市場向けに設計されたものですが、ほかの国の住宅ローン市場でも使える可能性があります。

法令遵守、品質管理、デューデリジェンス、コンプライアンスの証拠、第三者がファイルの監査、ローンの販売、証券化、不良債権処理、クレジットデータ、担保およびコンプライアンスのレビューデータなど、住宅そのものとローンにまつわる全ての情報を半永久的に管理し、監査をスムーズにすることができるようになります。

Factom Harmony(ファクトムハーモニー)によって処理された最終ファイルは、誰にでもアクセス可能で、永久に変更を加えることができませんので、改ざんなどによる不正を防ぎ、トラブル対応に必要な時間を節約することができます。

Factom Harmony(ファクトムハーモニー)は、企業がコンプライアンスやあらゆるタイプの監査を複数のソースにわたって調整し、毎回完全なファイルを保証することを可能にします。

Factom Harmony(ファクトムハーモニー)は、企業がコンプライアンスやあらゆるタイプの監査を複数のソースにわたって調整し、毎回完全なファイルを保証することを可能にします。

 

ファクトム(Factom)と中国市場

中国の大手コンサルティング会社の「iSoftStone」と連携しており、中国における権利の管理、監査をテクノロジーに置き換えるスマートシティ計画に参加することが発表されています。

ファクトム(Factom)の技術を利用して広大な土地を有する中国で、頻繁に土地の所有者が変わる現状をしっかり記録した上で、監査できる機能に期待しての参加とされています。

 

ファクトム(Factom)のマイニング

ファクトム(Factom)ではマイニングがありません。

データの管理や記録を正確にこなすサーバーに、報酬としてファクトム独自の仮想通貨Factoid(ファクトイド)が与えられる仕組みとなっています。

マイニングの監視がない場合でもサーバーが管理をしてくれることによって、記録を改ざんするなどの不正な行為はすぐに発見され、ユーザーの投票により悪意のあるサーバーは排除される仕組みになっています。

 

Factom(ファクトム)が購入できる仮想通貨取引所です。

coincheck(コインチェック)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

 

いつも閲覧ありがとうございます^^

お疲れやまでした!

 

ダップス
いつも閲覧ありがとうございます^^
お疲れやまでした(山)

@satoimocoinも気軽にフォロー下さい!^^
・あなたの人生に化学反応を!
・変化する面白さを伝えたい(変化人)
・仮想通貨(Fintech& Technology)
・副業/複業で稼ぐ(会社バレしない方法)
・知的体育会系アート脳って何?
・マインド(行動するから興奮する)
>詳しくはTwitterプロフ

仮想通貨ブログに挑戦してみませんか?

【仮想通貨ブログが急増している理由とは】

ブログ開始3ヶ月で書いたレポート▼
仮想通貨ブログは儲かる?稼げる?開始3ヶ月間のリアルな収入公開中!

ブログ開始4ヶ月で書いたレポート▼
仮想通貨アフィリエイトのやり方・稼ぐ方法!2018年

え?ここも提携できるの?アフィ加速▼
アフィ提携できる取引所とASP業者

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク

取引所は開設しておくことをお勧めしています!

取引所の公式サイトは名前をクリックして下さい▼

おすすめ取引所ランキング
【1】Zaif(ザイフ) ←おすすめ
手数料がマイナス%で取引するともらえます。Zaifでしか購入できない通貨も多数あり。

【2】bitFlyer(ビットフライヤー) ←おすすめ
【LISKが購入できます】国内最大の取引所で、セキュリティ評価も世界でTOPクラスです。

【3】bitbank(ビットバンク) ←人気急上昇中
リップルが一番安く買える国内の取引所。シンプルで使いやすく、セキュリティ体制も徹底。

【4】BINANCE(バイナンス) ←海外取引所なら
初めての海外取引所におすすめ。100種類以上の通貨が売買できます。

【5】DMM Bitcoin ←初心者向け
取引所の利用が初めての人でも見やすいと定評のある取引所。24時間体制でLINEサポート。

【★】QUOINEX(コインエクスチェンジ) ←再注目!
板取引が充実している再注目の国内取引所。登録しておく価値ありです。

★詳しい特徴と登録方法はこちらから!(7つの取引所をまとめて解説♪)

スマホで仮想通貨投資に挑戦中。
これからもドシドシ仮想通貨の情報配信します!
(もしよろしければ↓からシェアお願いします^^)