仮想通貨INS Ecosystem(アイエヌエス エコシステム)とは!どこに上場?

INS Ecosystem(アイエヌエス エコシステム)とは!どこに上場? 仮想通貨(ビットコイン)



スポンサーリンク

ダップス
まいど、bigおーきにです。
知的体育会系アート脳の変化人(@satoimocoin)です!

仮想通貨INS Ecosystem(アイエヌエス エコシステム)とは!どこに上場?

INS Ecosystem(アイエヌエス エコシステム)が取引所へ上場して価格が高騰しています。INS Ecosystem(アイエヌエス エコシステム)は、食料品メーカーと消費者を直接つなぐ初のグローバル分散型エコシステムで、「食料品業界の改革」をコンセプトとしてプロジェクトです。ブロックチェーンとの相性が良いため評判もよく将来性が期待されています。クーコイン取引所に上場していますので、INSの取引が可能です。

 

INS Ecosystem(アイエヌエス エコシステム)

INS Ecosystem(アイエヌエス エコシステム)は、食料品メーカーと消費者を直接つなぐ初のグローバル分散型エコシステムで、「食料品業界の改革」をコンセプトとしてプロジェクトです。

INS Ecosystem(アイエヌエス エコシステム)のチームメンバーやアドバイザーはアメリカ、ルクセンブルク、ロシアなど世界中にいるそうで、本社は現在はロシアのモスクワに置かれています。

INSトークンやプラットフォーム、テクノロジーを作るINS ​Ecosystem株式会社は英領バージン諸島に登記されている会社です。

通貨単位はINS(アイエヌエス)で上限発行枚数は50,000,000INS(5千万枚)となっています。

Ethereum(イーサリアム)のプラットフォームを使用したトークンです。

 

食料品市場は小売業に支配されている?

問題提議として食料品市場が小売業者に支配されていることを挙げています。

  • 小売業者の交渉力は、メーカーに悪影響を与えている点
  • 限られた選択肢と高い価格設定が消費者の負担となっている点

本来、小売業者は消費者の求める物を販売し、商品の良さを消費者に伝え、メーカーに消費者のニーズをフィードバックする役目を担っていますが、小売業者(卸売業者)が儲かるようにコントロールしているということでしょうか、、



INS Ecosystem(アイエヌエス エコシステム)とは

INS Ecosystem(アイエヌエス エコシステム)は世界で初めて消費者が食料品をより便利に、安くメーカーから直接買えることができる分散化されたエコシステムです。

小売や卸売りを省くことで、透明性のある食料品の買い物ができ、更には、一般消費者にとってはより安く購入できるようになります。

INS Ecosystem(アイエヌエス エコシステム)によって、消費者とメーカーとを直接つなぐ関係は促進され、消費者が自由に簡単にメーカー(食品ブランド)を選び、オンラインで購入できるようになります。

INS Ecosystem(アイエヌエス エコシステム)を使うことで食品メーカーは、よりターゲット(消費者)のニーズに合ったマーケティング活動を行うことができ、自社の製品を消費者に直接プロモーションをする事も可能になります。

これらのプログラムはスマートコントラクトによって実行され、報酬はINSトークンによって支払われます。(航空会社のマイルを貯めることと似ていますが、より便利なものを実現するそうです)

 

INS Ecosystem(アイエヌエス エコシステム)の特徴

  • 食料品メーカーと消費者を直接つなぐ。
  • 小売業者の支配を克服する。
  • 業務を円滑にするためのさまざまなスマートコントラクトを提供する。
  • すべてのトランザクションにINSトークンを使用する。

消費者へのメリット

  • 店舗よりも安く高品質な食料品が購入できる。
  • 食料品をオンラインで簡単かつ便利に購入できる。
  • 多くのメーカーから自由に購入できる。

メーカー(製造業者)へのメリット

  • 価格設定と価格表記がコントロールできる。
  • マーケティングの向上と消費者へ直接プロモーションできること
  • 迅速かつ詳細に消費者からフィードバックを得れること

 

競合がいない?

現在のことろ、INS Ecosystem(アイエヌエス エコシステム)には競合がいないとされており、食料品メーカーと消費者を直接つなげる、世界初で唯一の分散化されたプラットフォームです。

INSによって、小売と卸売りによる仲介手数料を排除して、その分の価値を消費者に還元することが出来るようになります。

 

2018年からのロードマップ

INS Ecosystem(アイエヌエス エコシステム)のロードマップとスケジュールです。

  • 2018年Q1 INSプラットフォーム開発
  • 2018年Q2 INS消費者およびフルフィルメント用アプリとインターフェイスの開発
  • 2018年Q3 供給業者SDKの開発
  • 2018年Q4 立ち上げ
  • 2019年以降に地理的拡大とエコシステムの育成

 

INS Ecosystem(アイエヌエス エコシステム)が購入できる取引所

香港の仮想通貨鳥取引所KuCoin(クーコイン)に上場しています。

kucoin(クーコイン)仮想通貨取引所

クーコイン(kucoin shares)

 

 

 

 

 

 

第二のBINANCE(バイナンス)と言われ最近話題の仮想通貨取引所です。

※Kucoinが独自トークンとして発行しているKCSは保有しているだけで毎日配当ボーナスが入ります。

 

いつも閲覧ありがとうございます^^

お疲れやまでした!

 

 

ダップス
いつも閲覧ありがとうございます^^
お疲れやまでした(山)

@satoimocoinも気軽にフォロー下さい!^^
・あなたの人生に化学反応を!
・変化する面白さを伝えたい(変化人)
・仮想通貨(Fintech& Technology)
・副業/複業で稼ぐ(会社バレしない方法)
・知的体育会系アート脳って何?
・マインド(行動するから興奮する)
>詳しくはTwitterプロフ

仮想通貨ブログに挑戦してみませんか?

【仮想通貨ブログが急増している理由とは】

ブログ開始3ヶ月で書いたレポート▼
仮想通貨ブログは儲かる?稼げる?開始3ヶ月間のリアルな収入公開中!

ブログ開始4ヶ月で書いたレポート▼
仮想通貨アフィリエイトのやり方・稼ぐ方法!2018年

え?ここも提携できるの?アフィ加速▼
アフィ提携できる取引所とASP業者

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク

取引所は開設しておくことをお勧めしています!

取引所の公式サイトは名前をクリックして下さい▼

おすすめ取引所ランキング
【1】Zaif(ザイフ) ←おすすめ
手数料がマイナス%で取引するともらえます。Zaifでしか購入できない通貨も多数あり。

【2】bitFlyer(ビットフライヤー) ←おすすめ
【LISKが購入できます】国内最大の取引所で、セキュリティ評価も世界でTOPクラスです。

【3】bitbank(ビットバンク) ←人気急上昇中
リップルが一番安く買える国内の取引所。シンプルで使いやすく、セキュリティ体制も徹底。

【4】BINANCE(バイナンス) ←海外取引所なら
初めての海外取引所におすすめ。100種類以上の通貨が売買できます。

【5】DMM Bitcoin ←初心者向け
取引所の利用が初めての人でも見やすいと定評のある取引所。24時間体制でLINEサポート。

【★】QUOINEX(コインエクスチェンジ) ←再注目!
板取引が充実している再注目の国内取引所。登録しておく価値ありです。

★詳しい特徴と登録方法はこちらから!(7つの取引所をまとめて解説♪)

スマホで仮想通貨投資に挑戦中。
これからもドシドシ仮想通貨の情報配信します!
(もしよろしければ↓からシェアお願いします^^)