仮想通貨LISK(リスク)のリブランディングは2月20日?【2018年スケジュール】

仮想通貨【リスクlisk】スケジュール2018 仮想通貨(ビットコイン)



スポンサーリンク

ダップス
まいど、bigおーきにです。
知的体育会系アート脳の変化人(@satoimocoin)です!

仮想通貨LISK(リスク)のリブランディングは2月20日?【2018年スケジュール】

 

仮想通貨LISK(リスク)

リスク(Lisk)はCryptiからフォークして生まれた分散型アプリケーションプラットフォームです。

分散型アプリケーションプラットフォーム(Decentralized Applications)は、略して「DApps」とも呼ばれています。

開発者はLisk社CEO兼共同創業者のマックス・コーデック氏で、2014年1月から取引開始しており、マイニング方式は「Delegated Proof of Stakes(SHA-256)」です。

発行上限枚数はありませんが、半減期は存在します。

 

LISK(リスク)の特徴

 

プログラミング言語「javascript(ジャバスクリプト)」

javascript(ジャバスクリプト)は多くのエンジニアが利用しており、開発に参入しやすすいという点があります。

同じスマートコントラクトという事でイーサリアムと比較されることもありますが、イーサリアムでは、スマートコントラクトの記述にSolidityという独自のプログラミング言語を使用しているため、開発者がjavascript

 

サイドチェーンの使用

LISK(リスク)ではサイドチェーンと呼ばれる場所にスマートコントラクトを記述していきます。

サイドチェーンに記述を行うことで、何か問題が生じても(例えばハッキングなど)サイドチェーン上のアプリケーションを書き換えることで対応することが可能になります。

これはメインチェーンを書き換える必要がなくなるという事にもなり、問題点に対しハードフォークをする必要がなくなりますので、問題が生じたとしても解決がしやすいとされています。

 

フォージング

LISK(リスク)のマイニング方式はDelegated Proof of Stake(DPOS)を採用していますが、正しくはマイニングのことを「フォージング」と呼ばれています。

LISK(リスク)のフォージング(マイニング)は毎年量が減っていくという特徴があります。例えばですが、ビットコインは約10分に1ブロックをマイニングしていますが、LISK(リスク)は約10秒に1ブロックをフォージングしていきます。



LISK(リスク)のスケジュール(2017年、2018年)

2017年内に、「Lisk Core 1.0」へのアップデート(リスク コア 1.0)

→変更されています。12月21日に「Lisk Core 0.9.11」へアップデートされています。

→「Lisk Core 1.0」へのアップデート日時は現在確認中です。

Lisk Core 1.0(リスク コア 1.0)のアップデートは元々スケジュールの目安とされていた為、公式サイトでも延期発表などはありませんでした。

 

2018年1~3月に、「Mobile and Desktop Appをリリース」(詳細は分かりません)

2018年2月20日に、リブランド・リブランディング

2018年4月に、SDKの配布(開発者用ツール)

2018年7月に、分散型取引所の開始・発表?(Decentralized Exchange)

 

LISKのスケジュールがカウントダウンされています。

今後のスケジュールまでのカウントダウン

 

2017年12月中にアップデート、2018年2月20日にリブランディング、2018年4月にSDK(開発者用ツール)の配布、などなど高騰しそうなタイミングが楽しみです。

 

【2018年1月4日追記】

コアアップデートの予定日が再度延期されています。

2018年1月中にアップデートのテストをすると言われているそうです。

1月中にLisk Core 1.0.0へのコアアップデートの噂の流れていますが、1月中にテスト、2月20日の発表までにアップデート又は2月20日という説が濃厚です。

(実際は、2017年9月→2017年内→2018年いつ?と延期続きのため、2月20日にコアアップデート日の発表!なんてこともありえますが、、)

この延期続きに関しても、信用を下げることなのか、仮想通貨の限界を突破するような技術のため、予定通りにいけばラッキーくらいの感覚で捉えておくべきなのかの議論も見られます。

(Lisk Core 1.0(リスク コア 1.0)のコアアップデートは元々スケジュールの「目安」とされていた為、公式サイトでも延期発表などはありませんでした)

 

 

今後も仮想通貨LISK(リスク)に注目が集まります!!!

 

リスク(Lisk)が購入できる取引所・販売所

スマートフォンから簡単に登録と口座開設が出来ます。

取引所ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

※販売所方式です。

 

 

いつも閲覧ありがとうございます^^

お疲れやまでした!

 

ダップス
いつも閲覧ありがとうございます^^
お疲れやまでした(山)

@satoimocoinも気軽にフォロー下さい!^^
・あなたの人生に化学反応を!
・変化する面白さを伝えたい(変化人)
・仮想通貨(Fintech& Technology)
・副業/複業で稼ぐ(会社バレしない方法)
・知的体育会系アート脳って何?
・マインド(行動するから興奮する)
>詳しくはTwitterプロフ

仮想通貨ブログに挑戦してみませんか?

【仮想通貨ブログが急増している理由とは】

ブログ開始3ヶ月で書いたレポート▼
仮想通貨ブログは儲かる?稼げる?開始3ヶ月間のリアルな収入公開中!

ブログ開始4ヶ月で書いたレポート▼
仮想通貨アフィリエイトのやり方・稼ぐ方法!2018年

え?ここも提携できるの?アフィ加速▼
アフィ提携できる取引所とASP業者

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク

取引所は開設しておくことをお勧めしています!

取引所の公式サイトは名前をクリックして下さい▼

おすすめ取引所ランキング
【1】Zaif(ザイフ) ←おすすめ
手数料がマイナス%で取引するともらえます。Zaifでしか購入できない通貨も多数あり。

【2】bitFlyer(ビットフライヤー) ←おすすめ
【LISKが購入できます】国内最大の取引所で、セキュリティ評価も世界でTOPクラスです。

【3】bitbank(ビットバンク) ←人気急上昇中
リップルが一番安く買える国内の取引所。シンプルで使いやすく、セキュリティ体制も徹底。

【4】BINANCE(バイナンス) ←海外取引所なら
初めての海外取引所におすすめ。100種類以上の通貨が売買できます。

【5】DMM Bitcoin ←初心者向け
取引所の利用が初めての人でも見やすいと定評のある取引所。24時間体制でLINEサポート。

【★】QUOINEX(コインエクスチェンジ) ←再注目!
板取引が充実している再注目の国内取引所。登録しておく価値ありです。

★詳しい特徴と登録方法はこちらから!(7つの取引所をまとめて解説♪)

スマホで仮想通貨投資に挑戦中。
これからもドシドシ仮想通貨の情報配信します!
(もしよろしければ↓からシェアお願いします^^)