QASHトークンが高騰中?LIQUID(リキッド)の将来性と2018年

QASHの将来性は?キャッシュトークンの価値 仮想通貨(ビットコイン)



スポンサーリンク

ダップス
まいど、bigおーきにです。
知的体育会系アート脳の変化人(@satoimocoin)です!

QASHトークンが高騰中?LIQUID(リキッド)の将来性は?

 

QASHトークン(キャッシュトークン)とは?

COMSA(コムサ)のCMSトークンやZaif(ザイフ)のZaifトークンなどトークンの話題も多くなってきました。

その中で仮想通貨取引所QUOINE(コインエクスチェンジ)で扱っているLIQUID(リキッド)プラットフォームで、発行されているトークン「QASH」が高騰し始めました。(2017年12月17日頃です。)

 

QASHの価格・時価総額

QASH(キャッシュ)は、LIQUIDのICO(資金調達)ために発行された独自トークンで、ICOが終わって上場後からは、仮想通貨取引所で売買されています。

2017年11月21日にQUOINEXとQRYPTOSに上場しています。

トークンの時価総額ランキングでは現在13位で時価総額は約38億円です。(現在、2017年12月17日)

QASHはイーサリアムをプラットフォームとして作られています。

現在1QASHは110円程です。(しばらく80円前後を推移していましたが上昇し始めました)

 

LIQUID(リキッド)とは仮想通貨市場に流動性を集約した単一の取引プラットフォームになります。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)公式サイト



LIQUID(リキッド)とは?

LIQUID(リキッド)とは仮想通貨市場に流動性を集約した単一の取引プラットフォームです。

QUOINEは、世界中に点在する仮想通貨取引所が提供する全ての流動性を一つの取引プラットフォーム(World Book)に集約。更に、その流動性を享受する為に必要な各種関連サービス(Prime Brokerage)を一体提供することにより、QUOINE LIQUIDプラットフォームユーザ全てに世界中の流動性へのアクセスを可能にします。

引用-QUOINE(LIQUID)公式(ICO時)

 

LIQUID(リキッド)の特徴

LIQUIDというプラットフォームを整備することで、機関投資家が仮想通貨分野に参入してきた際に耐えられる流動性とサービスを提供するとの事です。耐えられる流動性をつくらなければいけないという事は、現状のままだといろいろと問題があるそうなのです。

仮想通貨には様々なハードルや問題点があり、それらの解決を目指しているようです。

機関投資家とは、生命保険会社、損害保険会社、信託銀行、普通銀行、信用金庫、年金基金、共済組合、農協、政府系金融機関など、大量の資金を使って株式や債券で運用を行う大口投資家のことです。

 

取引所の違いによってあらゆるリソースの流動性にバラツキがあり非効率的になっているので、LIQUIDプラットフォームの上でQASHという仮想通貨を使ってより便利な形であらゆる金融サービスを提供できるようにするという取り組みだそうです。

世界中に存在する仮想通貨の取引所はそれぞれが独立していますが、LIQUIDは世界中に存在する仮想通貨取引所のオーダーや価格を、LIQUIDが提供する通貨取引のプラットフォーム上に統合し、LIQUIDのユーザーがLIQUIDのプラットフォーム上から世界中の取引所にアクセスできるようになるサービスを提供しようとしています。

 

「ワールドブック」「クロス通貨換算エンジン」「スマート・オーダー・ルーティング」

LIQUID(リキッド)のプラットフォームでは「ワールドブック」「クロス通貨換算エンジン」「スマート・オーダー・ルーティング」と呼ばれる3つの機能を使って、世界中の取引所に散らばる注文を単一にまとめることが可能とされています。

 

LIQUIDプラットフォームとQASHの紹介動画

 

QUOINE株式会社(コイン)

QUOINE株式会社は、ブロックチェーン技術を用いたトレーディング、エクスチェンジ及び次世代金融サ ービスを提供するフィンテック企業です。

日本、シンガポールおよびベトナムにオフィスを置き、各地のパートナーの強固なネ ットワークと、チームの銀行業及び金融商品に関する幅広い経験とを結び付けることで、すべての顧客に対して最高レベルの金融サービスを提供することを目指しています。

2017年に本社をシンガポールから日本へ移しています。(元々日本での展開にも力を入れていたそうです。)

QUOINE株式会社は、2017年9月29日に金融庁(関東財務局)より、仮想通貨交換事業者としての正式登録(登録番号:関東財務局長第00002号)を受けており、2014年5月より仮想通貨取引所「QUOINEX」の運営を開始しています。

※QUOINEXはコインエクスチェンジと読みます。

※社名のQUOINEはコインと読みます。

また、QUOINEは「QUOINEX」 と「QRYPTOS」 の2つの仮想通貨取引所を運営しています。

 

QASHの将来性

これはLIQUIDというプラットフォームがどう実現するかによると思いますが、LIQUIDのプラットフォーム上から世界中の取引所にアクセスできるようなサービスが実現すると、世界中の取引所、為替ブローカー、規制当局、銀行、個人投資家、トークン保持者が全て繋がることになります。

取引が簡単になり、手数料もやすくなり、海外の取引所に口座を作る必要性がなくなったりするのでしょうか。

また、銀行業務の免許申請も並行して行っているそうで、仮想通貨だけではなく、法定通貨にも流動性を持たせようとしていると思われます。

QASHが最高値を更新してくれることを期待しています!

 

QASHトークンやLIQUID(リキッド)に今後も注目が集まります!!!

 

 

QASHトークン(キャッシュ)が購入できる取引所

QUOINEX(コインエクスチェンジ)公式サイト

 

 

いつも閲覧ありがとうございます^^

お疲れやまでした!

 

ダップス
いつも閲覧ありがとうございます^^
お疲れやまでした(山)

@satoimocoinも気軽にフォロー下さい!^^
・あなたの人生に化学反応を!
・変化する面白さを伝えたい(変化人)
・仮想通貨(Fintech& Technology)
・副業/複業で稼ぐ(会社バレしない方法)
・知的体育会系アート脳って何?
・マインド(行動するから興奮する)
>詳しくはTwitterプロフ

仮想通貨ブログに挑戦してみませんか?

【仮想通貨ブログが急増している理由とは】

ブログ開始3ヶ月で書いたレポート▼
仮想通貨ブログは儲かる?稼げる?開始3ヶ月間のリアルな収入公開中!

ブログ開始4ヶ月で書いたレポート▼
仮想通貨アフィリエイトのやり方・稼ぐ方法!2018年

え?ここも提携できるの?アフィ加速▼
アフィ提携できる取引所とASP業者

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク

取引所は開設しておくことをお勧めしています!

取引所の公式サイトは名前をクリックして下さい▼

おすすめ取引所ランキング
【1】Zaif(ザイフ) ←おすすめ
手数料がマイナス%で取引するともらえます。Zaifでしか購入できない通貨も多数あり。

【2】bitFlyer(ビットフライヤー) ←おすすめ
【LISKが購入できます】国内最大の取引所で、セキュリティ評価も世界でTOPクラスです。

【3】bitbank(ビットバンク) ←人気急上昇中
リップルが一番安く買える国内の取引所。シンプルで使いやすく、セキュリティ体制も徹底。

【4】BINANCE(バイナンス) ←海外取引所なら
初めての海外取引所におすすめ。100種類以上の通貨が売買できます。

【5】DMM Bitcoin ←初心者向け
取引所の利用が初めての人でも見やすいと定評のある取引所。24時間体制でLINEサポート。

【★】QUOINEX(コインエクスチェンジ) ←再注目!
板取引が充実している再注目の国内取引所。登録しておく価値ありです。

★詳しい特徴と登録方法はこちらから!(7つの取引所をまとめて解説♪)

スマホで仮想通貨投資に挑戦中。
これからもドシドシ仮想通貨の情報配信します!
(もしよろしければ↓からシェアお願いします^^)