ICOのセントラリティ(centrality)の評判は?分散型アプリケーション仮想通貨

ICOのセントラリティ(centrality)の評判(DApps) ICO案件情報



スポンサーリンク

ダップス
まいど、bigおーきにです。
知的体育会系アート脳の変化人(@satoimocoin)です!

ICOのセントラリティ(centrality)の評判は?分散型アプリケーション仮想通貨

ICOのセントラリティ(centrality)が注目銘柄として話題となっています。通貨単位はCENNZで、CENNZトークンの購入方法、評判や将来性をまとめて解説しています。セントラリティ(centrality)は分散型アプリケーション(DApps)に関するプロジェクトで、販売開始後の即完売が予想されています。一部では大型の詐欺ではないかと噂もありますが、どうなんでしょうか。上場先なども気になることろです。

 

ICOのセントラリティ(centrality)

分散型アプリケーションに関するICOプロジェクトのセントラリティ(centrality)が話題となっております。

トークンもまだ取引所には上場しておらず、これからICOで資金を集め開発がスタートされる予定となっており、プライベートのクローズドのプライベートセールは開始されているそうです。(プライベートセールは販売が開始されているのか事前申込し段階なのかは定かではありません。)

プライベートセールを募集している段階なのは確かな情報です。

セントラリティ(centrality)公式

セントラリティ(centrality)の公式サイトです。

https://www.centrality.ai/

 

一緒によく読まれている記事

現在開催中の最新ICO情報はこちらから

※上場決定銘柄が中心です。

 

CENNZトークン

CENNZトークンを販売して資金調達されます。



【2018年1月9日追記】

公式サイトでも認定投資家への先行販売をしていると記載がありました。

以下和訳です。

40,000以上のEther(ETH)に先駆けた販売を開始し、認定投資家に主要販売を開始しました。当社への投資に興味がある場合は、当社の投資顧問会社CTIAにご連絡ください。

With our pre-sale reaching over 40,000 Ether (ETH), we’re now opening our main sale to accredited investors. If you’re interested in investing in us please contact CTIA, our investment advisors.

引用-centrality(セントラリティ)公式

 

2018年1月15日に一般販売開始?

【2018年1月10日】公式サイトが更新されていました!

公式サイトでは2018年1月15日に販売開始するそうです。

【2018年1月12日追記】

事前販売枠を持っている方への販売開始のようです。

「トークンの販売は2018年1月15日午後12時に開始されます。販売アプリの詳細はすぐに掲載されます。ホワイトペーパーを読むのはこちら」とあります。

Our token sale will begin 12pm JST on 15 Jan 2018. Details of the sales app will be posted soon. Read our whitepaper here

引用-centrality(セントラリティ)公式

 

セントラリティ(centrality)概要・特徴

セントラリティ(centrality)はDAppsプラットフォーム(分散型アプリケーション)に関するプロジェクトで、CTIAという投資アドバイザー会社が内容を紹介しています。

CTIAは暗号通貨やトークンなどのブロックチェーン暗号資産を専門とする投資アドバイザリー会社です。

引用-CTIA公式

ICOのセントラリティ(centrality)の評判(DApps)とは

 

セントラリティ(centrality)で出来ること・目指すこと

個人や企業が「DApps(分散型アプリケーション)」を開発できるようにプラットフォームを構築するとの事でしょうか、、

イーサリアム(Ethereum)やリスク(LISK)もDApps(分散型アプリケーション)を開発していると言われていますが、先駆けて世にDApps(分散型アプリケーション)を開発できるようなプラットフォームが出れば物凄いことになりそうです。

Centralityは、アプリ(DAPPS)をつくる為のアプリケーションライブラリを構築する。 Centralityプラットフォームを使用すると、他のアプリ同士でもコネクションを結びつける事が可能となり、それにより効率よくユーザーを集めることができるようになる。他にもす べてのシーンのデザインを標準化することで、エコシステム全体で理解しやすいユーザーエ クスペリエンスを提供する。 Centralityを使用することにより、従来のアプリケーションラ イブラリを使うことなく、ユーザーにとって利便性の高い環境が利用できる。

引用-CTIA公式

 

セントラリティ(centrality)の使い方【How it Works】

セントラリティ(centrality)の使い方です。

  • DAppsの基盤を作り、開発者(ユーザー)を集める。開発者はアプリを構築する。
  • CentralityにDAppsが集まり、各DAppはCENNZトークンを使用しモジュールを購入する。
  • 異なるDApps同士が、ユーザー、データ、コンテンツを互いに獲得する。
  • 各DAppは自身の事業を確立Centralityはコア技術やデザイン構築を昇華させる。
ICOのセントラリティ(centrality)の使い方

 

Centralityプラットフォームの仕組み

Centralityプラットフォームの仕組みで、公式サイトからの和訳文を掲載しています。

Centrality Platformは、DAppsの技術基盤を創造します。Centrality Platformは、それぞれが発行したトークンの割り当てを受け取ります。アプリケーションはコア技術を提供することの代償として電力を供給し、生態系。 開発者は、サービスカタログに追加するモジュールを作成します。Centrality Platformが提供します。
さまざまなDAppがCentrality Platformに接続されます。各DAppは、CENNZトークンを使用してアプリケーション用のモジュールを購入し、接続を作成するユーザー、データ、コンテンツ、マーチャント、およびトークンをエコシステム内に格納します。さまざまなユースケースにわたるDAppsが協力して、ユーザー、データ、商人とコンテンツ。セントラルでのスマートな契約の使用。プラットフォームは、異なる企業が互いを信頼できるようにします。

 

その他、ホワイトペーパー内から読み取れた内容

  • Centrality(セントラリティ)は現在、8つのアプリを市場に出しており、急速に増加しているユーザベースで収益を上げています。
  • ニュージーランド政府から研究の助成金を受けているそうです。(3年間で約15百万ドル?)
  • Centrality(セントラリティ)はまた、ブロックチェーン企業との戦略的開発パートナーシップを結んでいるとのことで、「SingularDTV」と「Blockhaus AG」という企業名を挙げています。

 

TGE(Token General Event)でCENNZトークンを購入する必要がある?

TGE(Token General Event)は、2018年1月15日に開始し、2018年2月15日に終了するとあります。

 

DAppsプラットフォーム(分散型アプリケーション)

2018年2019年はDAppsプラットフォーム(分散型アプリケーション)の時代がくると言われています。

DAppsプラットフォーム(分散型アプリケーション)とは以下の3つの条件が揃ったアプリケーションとされています。

  • オープンソース、かつ暗号化されたブロックチェーンを利用している。
  • 非中央集権で、ユーザーの合意に基づいて改善などを行う。
  • 独自のトークン(通貨)を持ち、それをアプリ内で使用できる。

中央集権型ではないということになります。

今後もDAppsプラットフォーム(分散型アプリケーション)、Centrality(セントラリティ)に注目が集まります!

セントラリティ(centrality)公式

https://www.centrality.ai/

 

 

いつも閲覧ありがとうございます^^

お疲れやまでした!

 

ダップス
いつも閲覧ありがとうございます^^
お疲れやまでした(山)

@satoimocoinも気軽にフォロー下さい!^^
・あなたの人生に化学反応を!
・変化する面白さを伝えたい(変化人)
・仮想通貨(Fintech& Technology)
・副業/複業で稼ぐ(会社バレしない方法)
・知的体育会系アート脳って何?
・マインド(行動するから興奮する)
>詳しくはTwitterプロフ

仮想通貨ブログに挑戦してみませんか?

【仮想通貨ブログが急増している理由とは】

ブログ開始3ヶ月で書いたレポート▼
仮想通貨ブログは儲かる?稼げる?開始3ヶ月間のリアルな収入公開中!

ブログ開始4ヶ月で書いたレポート▼
仮想通貨アフィリエイトのやり方・稼ぐ方法!2018年

え?ここも提携できるの?アフィ加速▼
アフィ提携できる取引所とASP業者

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク

取引所は開設しておくことをお勧めしています!

取引所の公式サイトは名前をクリックして下さい▼

おすすめ取引所ランキング
【1】Zaif(ザイフ) ←おすすめ
手数料がマイナス%で取引するともらえます。Zaifでしか購入できない通貨も多数あり。

【2】bitFlyer(ビットフライヤー) ←おすすめ
【LISKが購入できます】国内最大の取引所で、セキュリティ評価も世界でTOPクラスです。

【3】bitbank(ビットバンク) ←人気急上昇中
リップルが一番安く買える国内の取引所。シンプルで使いやすく、セキュリティ体制も徹底。

【4】BINANCE(バイナンス) ←海外取引所なら
初めての海外取引所におすすめ。100種類以上の通貨が売買できます。

【5】DMM Bitcoin ←初心者向け
取引所の利用が初めての人でも見やすいと定評のある取引所。24時間体制でLINEサポート。

【★】QUOINEX(コインエクスチェンジ) ←再注目!
板取引が充実している再注目の国内取引所。登録しておく価値ありです。

★詳しい特徴と登録方法はこちらから!(7つの取引所をまとめて解説♪)

スマホで仮想通貨投資に挑戦中。
これからもドシドシ仮想通貨の情報配信します!
(もしよろしければ↓からシェアお願いします^^)