ICO案件KATANAの評判と将来性は?NEM財団関与?KATANAコイン

ICO案件KATANAの評判と将来性は?NEM財団関与?KATANAコイン ICO案件情報



スポンサーリンク

ダップス
まいど、bigおーきにです。
知的体育会系アート脳の変化人(@satoimocoin)です!

ICO案件KATANAの評判と将来性は?NEM財団関与?KATANAコイン

KATANAというICO情報が入ってきましたので解説します。Mirai財団(暗号通貨教育機関)とNEM財団が関与しているICO案件で注目されそうです。KATANAはブロックチェーン技術を活用したワイヤレスに電力供給するためのプラットフォームをつくるプロジェクトです。ワイヤレス給電やワイヤレス電力伝送はプロックチェーン搭載のチップ化された電子技術を様々な電子機器に埋め込み活用することで、文化・文明・経済の調和を目指すとされています。KATANAの評判や将来性、購入方法、ホワイトペーパーなど分かる範囲で解説します。

 

KATANA(カタナ)【ICO情報】

KATANAは世界で初めての暗号通貨教育機関「Mirai Blockchain Academy」と文化・文明・経済の調和を目指した、新しいブロックチェーン・プラットフォームのプロジェクトで、フィリピンのMirai財団(Mirai Foundation)が主催しているそうです。

ワイヤレス給電の仕組みをチップ化する事業

NEM財団が関与していることでも注目されており、NEMプラットフォームと完全互換でさらに優れた暗号通貨プラットフォームを構築するため、NEMの開発陣営が本格的に関わっているICOです。

現在は約60名の技術者が携わっており、今後は約150名くらいの技術者が関わっていく予定で、将来的には約250名規模の技術者を抱えることも視野に入れているそうです、、

WQC株式会社というワイヤレス給電に関する事業を行っている会社も関わっています。

 

関連記事▼

 

【2018年11月15日までの最終セール】

▼毎月配当の話題のREGAINです。


>>REGAIN(リゲイン)の公式サイトはこちらから

 

 

一緒によく読まれている記事

現在開催中の最新ICO情報はこちらから

※上場決定銘柄が中心です。

 

WQC株式会社の概要

WQC株式会社の会社概要です。

会社名 WQC株式会社(英字表記: WQC Co., Ltd.)
所在地 東京都中野区野方6-30-24
代表者 代表取締役社長 牛嶋昌和
設立 2015年12月17日
資本金 1670万円
事業内容 ワイヤレス電力伝送関連 技術コンサルティング
ワイヤレス電力伝送関連技術 開発受託(開発・設計)
ワイヤレス電力伝送技術(AMR)特許ライセンス許諾
ホームページ http://www.wqctech.com/

WQCの提供するサービス

ワイヤレス給電、ワイヤレス電力伝送に関する製品の開発をしているそうで、新しいワイヤレス給電の世界をつくることをビジョンとされています。

New Wireless Quick Charge!新しいワイヤレス給電の世界へ。

ワイヤレス給電は現在、急成長を期待される技術であり、EV自動車や家電あるいはIoTデバイスへの電力供給など、給電をワイヤレスで行うことによって利便性・安全性・経済性等が飛躍的に向上し、様々な産業分野に新次元の技術革新を誘発する潜在力を持つことから、新たな市場が拡大すると思われます。
弊社では、省エネ照明インバータから派生した技術を発展させ、独自のワイヤレス給電の新技術AMR(改良磁界共振方式)を開発しました。この技術により距離、位置の柔軟性や高効率、ハイパワー対応のワイヤレス給電(非接触)を可能にします。また幅広い分野で応用でき、低コストで、発熱が少なく、より安全であり、さらに既存規格の上位互換としても対応可能なシステムです。

ワイヤレス給電とは

ワイヤレス給電とは、ケーブルなく、電気を供給するシステムです。
ワイヤレス給電が普及することにより、ケーブルを繋ぐ必要もなくなり、自動給電や、水中などでも電気の給電が可能になります。
スマートフォンや、電気自動車、ドローン、住宅向けなど広範な分野で活用が期待されています。
実現方法にはQi規格など、いろんな技術が提案されていますが、電力の伝送効率や、距離等の安定性、発熱などの安全性などまだ不安定な部分があり、弊社はその解決に向けた技術を提供します。

引用-WQC株式会社公式



KATANA(カタナ)の特徴

KATANA(カタナ)の特徴ですが、まだホワイトペーパーなども見当たらないため詳細は不明です。

ワイヤレスな電力供給(ワイヤレス給電・ワイヤレス電力伝送)を活用するために必要なプラットフォーム構築です。

そのプラットフォーム構築のためには、ブロックチェーンを搭載したもの?をチップ化し、電子機器に埋め込む事で、ワイヤレスな電力供給(ワイヤレス給電・ワイヤレス電力伝送)が実現できるそうです。

例えばですが、スマートフォン、パソコンや電気自動車などの様々な家電製品、航空機、産業用ドローン、工場内機器など、あらゆる電子機器がワイヤレスに電力供給が可能になるそうです。

ワイヤレスな電力供給(ワイヤレス給電・ワイヤレス電力伝送)にどうブロックチェーン(KATANAトークン・KATANAコイン)が関わってくるのかなど、詳細分かり次第追記していきます。

ICOセミナーのプレスリリース動画

KATANAのICOセミナーのプレスリリース動画です。

 

KATANA(カタナ)のホワイトペーパー

現在不明です。

詳細分かり次第、追記します。

 

KATANA(カタナ)の購入方法

通貨単位はKATANACOIN(KATANAコイン)とされていますが、現在不明です。

クローズドの代理店方式かも知れません。

情報ソースはネットなのですが、、

参照元:https://www.atpress.ne.jp/news/149787

ICO案件KATANAの評判と将来性は?NEM財団関与

関連記事▼

 

【2018年11月15日までの最終セール】

▼毎月配当の話題のREGAINです。


>>REGAIN(リゲイン)の公式サイトはこちらから

 

ダップス
いつも閲覧ありがとうございます^^
お疲れやまでした(山)

@satoimocoinも気軽にフォロー下さい!^^
・あなたの人生に化学反応を!
・変化する面白さを伝えたい(変化人)
・仮想通貨(Fintech& Technology)
・副業/複業で稼ぐ(会社バレしない方法)
・知的体育会系アート脳って何?
・マインド(行動するから興奮する)
>詳しくはTwitterプロフ

仮想通貨ブログに挑戦してみませんか?

【仮想通貨ブログが急増している理由とは】

ブログ開始3ヶ月で書いたレポート▼
仮想通貨ブログは儲かる?稼げる?開始3ヶ月間のリアルな収入公開中!

ブログ開始4ヶ月で書いたレポート▼
仮想通貨アフィリエイトのやり方・稼ぐ方法!2018年

え?ここも提携できるの?アフィ加速▼
アフィ提携できる取引所とASP業者

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク

取引所は開設しておくことをお勧めしています!

取引所の公式サイトは名前をクリックして下さい▼

おすすめ取引所ランキング
【1】Zaif(ザイフ) ←おすすめ
手数料がマイナス%で取引するともらえます。Zaifでしか購入できない通貨も多数あり。

【2】bitFlyer(ビットフライヤー) ←おすすめ
【LISKが購入できます】国内最大の取引所で、セキュリティ評価も世界でTOPクラスです。

【3】bitbank(ビットバンク) ←人気急上昇中
リップルが一番安く買える国内の取引所。シンプルで使いやすく、セキュリティ体制も徹底。

【4】BINANCE(バイナンス) ←海外取引所なら
初めての海外取引所におすすめ。100種類以上の通貨が売買できます。

【5】DMM Bitcoin ←初心者向け
取引所の利用が初めての人でも見やすいと定評のある取引所。24時間体制でLINEサポート。

【★】QUOINEX(コインエクスチェンジ) ←再注目!
板取引が充実している再注目の国内取引所。登録しておく価値ありです。

★詳しい特徴と登録方法はこちらから!(7つの取引所をまとめて解説♪)

スマホで仮想通貨投資に挑戦中。
これからもドシドシ仮想通貨の情報配信します!
(もしよろしければ↓からシェアお願いします^^)